« 金額と価格 | トップページ | 寒くなりました »

2017年12月11日 (月)

ノーベル平和賞のむなしさ

 私は生涯賞というものに全くといっていいほど縁がなかったものですから、ひがみ交じりにこんなことを書きますよ。今日日本時間の未明、ノルウェーの首都オスロでノーベル平和賞の授賞式が行われました。今年は核兵器廃絶運動に取り組んできたICAN:アイキャン(核兵器廃絶国際キャンペーン)が受賞し、日本人の被爆者も授賞式に出席しています。ICANは今年の7月に国連で可決された核兵器禁止条約を主導的に推進してきた組織です。核兵器禁止条約は国連加盟122か国・地域の圧倒的多数で可決された国際条約です。ただし、アメリカ・ロシアなどの核兵器保有国や日本・韓国など核の傘の下にある国は賛成していません。慣例としてノーベル賞授賞式には各国の大使などが列席するのですが、核兵器保有国は列席しなかったようです。

 私は、ICANのノーベル平和賞が無駄なものだとは思っていませんが、一抹のむなしい気持ちが募ります。ノーベル平和賞受賞には、実際に平和に貢献した人・組織と、平和に向けた活動が期待される人・組織の二つがあるようです。実際にその活動が実を結んだことは少ないように感じます。そのいい例がオバマ大統領でしょう。核なき世界を目指すと云いながらこの世はこの体たらくです。たしかに、2008年のマルティ・アハティサーリ(フィンランド)、2014年のカイラシュ・サティアーティ(インド)などの実を結んだ平和活動もありますが、多くは期待の大きさに対する賞でしょう。劉暁波(中国)は、中国が賞を認めず、本人は今年獄死しています。EUは2012年に受賞していますが、今分解しようとしています。そういえば日本にも佐藤栄作(1974受賞)という人がいましたっけ。なんかむなしいな~。

赤城・小沼と地蔵岳(2017年12月7日) 赤城山は最も高いところで1828m(黒檜山)あります。カルデラ内には大沼と小沼の湖があり、大沼はまだですが小沼は結氷していました。小沼の標高は1470m程です。氷の厚さは数cm以上あるようで、私が乗っても割れませんでした。

171207


« 金額と価格 | トップページ | 寒くなりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/66147108

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル平和賞のむなしさ:

« 金額と価格 | トップページ | 寒くなりました »