« 紅葉の山 | トップページ | 会話の本質 »

2017年11月20日 (月)

茶髪の黒染

 大阪府立の高校が、地毛が茶色の女子生徒の髪を強制的に黒く染めさせていたそうです。東京などの学校には、入学時に地毛の色を届けさせるところもあるようです。まあ、日本女性の豊かな黒髪は、確かに良いものだとは思いますが、何も規則で茶色の髪を黒く染めさせることはないと思うのですが・・・。しかも、その高校の校則に「髪は黒」というのはないそうです。検査の度、また指摘される度のひどい時は4・5日に一度染めさせられたそうで、かわいそうに皮膚や髪は傷んでしまったそうです。何でそこまでしなければならないのでしょうか。もしかしたら、海外からのブロンドの髪の留学生も黒く染めさせるのでしょうかね。

 規則は何のためにあるのでしょうか。法律もそうですが、今の世の中(民主国家)では、権利と義務を下敷きにして、豊かな人生・生活を送るためにあるのではないでしょうか。子供だから、高校生だからと云って過度な矯正はその人の人生をゆがめたものにしてしまうでしょう。黒染めを強制した学校の先生方は、自分がそれをされた時にどのように受け取るかよく考えることです。登校拒否に至った生徒の、番号を削除したり、机を取り払ったりするのは、どうも良心を持った人間のすることではないようですね。

 寒空の浅間山(2017年11月16日 小浅間山から) 天気が良いと思って浅間山を眺めに小浅間山に行きました。登山口に車を止めて、温度計を見ると1℃でした。寒い!ずっと小雪が舞い続け、浅間山には白い筋ができていました。171116


« 紅葉の山 | トップページ | 会話の本質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/66065571

この記事へのトラックバック一覧です: 茶髪の黒染:

« 紅葉の山 | トップページ | 会話の本質 »