« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月25日 (月)

衆議院解散

 今日安倍首相は衆議院を解散するそうです。衆議院解散についての具体的なことは憲法69条に書かれており、内閣不信任案が可決または信任案が否決された場合に、内閣総辞職に対抗するために行うことになっています。また憲法7条には内閣の助言により天皇が宣言することになってはいますが、どのような場合にできるかは書かれていません。つまり衆議院解散は内閣不信任以外は実にあいまいになっているのです。実際に衆議院解散は20回以上されていますが、内閣不信任が可決されての解散は数回でしかありません。つまり、時の総理大臣が解散すると云えば解散するのです。誰も正確な憲法上の根拠もなく「解散は首相の専権事項」などと云っているのです。

 欧米先進国でも、首相が解散権を行使することはありますが、かなり制限されています。日本のように首相が気ままに解散するなどということはできない仕組みになっている国が多いのです。その点でも日本の民主主義は未成熟と云えるのではないでしょうか。今回の解散は理由が理解できません。巷では森友・加計隠し解散などとも云っているようです。多くの人が大義なき解散と云っているように、この解散には大分無理があるようです。まあ、嘘つき安倍ですからどんな理由でもつけるでしょうよ。こんな人を議員ひいては首相に選ぶ国民が馬鹿なのでしょうね。

アズマレイジンソウ(2017年9月20日 御荷鉾山塊・白髪岩)アズマレイジンソウはトリカブトの仲間です。色が淡いので麗人草と優雅な名前になっていますが、トリカブトと同じように毒があるのでしょうかね。

170920

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

Jアラート

 ここ2回ほど北朝鮮が発射したミサイルに関して、Jアラートが出されました。2発とも津軽海峡付近を飛び越え、北海道の遥か東方に落ちました。後のミサイルの飛距離は3700kmにもなりました。マスコミは、アメリカの基地があるグアム島を射程に収めたと大騒ぎです。グアムはアメリカの領土ですが国土ではありません。住民は大統領選挙の投票権を持ちません。また下院に代表を送ることはできますが議決権はありません。ですから、アメリカにとってグアムが射程に入っても軍事的な影響以外はあまり大きくないのです。大騒ぎしているのは日本だけでしょう。Jアラートが出されたときには、自衛隊・政府はその発射時刻や方向はかなり正確につかんでいました。それなのに、北海道から長野までの広い範囲に出されたから大変です。日本中が大騒ぎになりました。電車は止まり、学校は休みになり、人びとに避難を促しました。さあ大変です。今にもミサイルが頭の上に落ちてくる恐怖が人々をとらえました。でも、こんなことが毎度毎度続くといつかはオオカミ少年になるでしょうね。

 だいたいJアラートなどは、役人や政治家の責任逃れの手段でしょう。災害時の避難勧告などと違ってあいまいすぎます。頑丈な建物や地下に避難しろと云ってもそんなことが瞬時にできる人間が何%いるのでしょうか。群馬県も先日のJアラートの警告範囲に入りましたが、どこにそんなものがあるのですか。どうせ出すのならもっと正確な情報として出してもらいたいものです。私が出すとすれば、「北朝鮮が〇時〇分に未確認飛翔物体を打ち上げました。方向は〇〇で左右100km程の誤差があります。日本上空を通過するミサイルと考えられますが、本体や部品・破片が我が国の領土に落下する確率はゼロではありません。万が一落下したときには、対象方面の方は覚悟願います。あとは日本政府が責任を持って対処いたします。」、なんてどうですかね。

イワインチン(2017年9月13日 浅間連峰・三方ヶ峰) この場所は7月下旬にはコマクサの群落があるところです。コマクサが終わると、端っこにイワインチンが彩を添えます。

170913

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

果物の実り

 昨日は日中30℃を超えるほど暑かったのですが、朝晩は20℃前後まで下がり秋らしくなってきました。秋と云えば果物です。我が家には、高崎に引っ越して以来苗や種から育てた果樹が20種以上あります。レモン・ユズ・クルミ・プラム・ポポーなど、まだ実をつけないものもありますが、初夏のウメ・ユスラウメ・グミなどから始まって、今はイチジクが最盛期です。毎日10個くらいは収穫でき、食べたりジャムにしたりしても捌けきれません。先々週からは干しイチジクに挑戦しています。ただし、天候があまりよくないため失敗もありました。干し初めから晴れの日が最低二日間続かないと、腐ったり虫が湧いたりしてしまいます。おかげでイチジク50個ほどはダメにしてしまいました。

 天候が不順なのは柿にも影響しているようです。我が家には実のなる柿の木が4本あります。そのうちの1本は、実をつけた柿の半分くらいが熟れる前に黄色くなり落ちてしまいました。その柿の木は甘柿と渋柿が同居している木で、甘柿はそのまま食べますが、渋柿は干し柿にします。今年は干し柿はあまりできそうもありませんね。豊作なのは、イチジクとデラウェア(ブドウ)だけになりそうです。

アカトンボ(2017年9月5日 浅間連峰・烏帽子岳) ワレモコウの花にアカトンボがとまっていました。近づいても逃げません。アカトンボは生息数が極端に減少しているそうです。絶滅危惧種になるのでしょうかね。山ではまだまだ群れをなして飛んでいますが・・・。

170905

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

北朝鮮の核実験

 昨日の昼に北朝鮮は、6回目の核実験を実施しました。北朝鮮との国境の中国側では相当揺れたようです。爆発の規模は今までになく大きく、マグニチュードも6を超えました。TNT火薬に換算すると70ktほどにもなるそうです(後に160ktに訂正)。メガトンの一歩手前ですね。広島型原爆の3~4倍(訂正後では10倍)にもなるそうです。北朝鮮は、水爆と云っています。規模から見るとその可能性が高いですね。ちなみのこの実験は、ICBMに搭載予定のもので行ったそうです。中国の観測では地震は2回あり、2度目のものは坑道の崩落によるものではないかとのことです。

 この頃核保有国でも、実際の爆発による核実験を行った例はありません。最後はいつのことだったのか、どの国だったのか全く記憶がありません。当然のことながら、世界各国から非難が相次いでいます。中国・ロシアも非難声明を出しました。しかし、北朝鮮はこれで実験をやめるということはないでしょうし、ミサイルの実験も続けるでしょう。あと1年もすれば、5000kmを優に超える水爆搭載のICBMを実戦配備するのではないでしょうか。命中度はともあれ、アメリカにとっても真に脅威となる理性もへったくれもない気ちがい国家の出現です。

ホタルサイコ(2017年8月23日 浅間山塊・高峰山) まるで線香花火のような花です。セリ科の花で、似た花にハクサンサイコがあります。高峰山では、登山口や尾根筋など数多く見ることができます。

170823

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »