« 劉暁波さん | トップページ | 戻り梅雨 »

2017年7月24日 (月)

谷川岳のこと

 今日は衆議院の閉会中審査で、5時間にわたり加計学園問題などの審査が行われています。お昼のニュースでちらっと見た限り、安倍首相は低姿勢で対応しているようですね。どこまで低姿勢を保てますか・・・。安倍批判もそろそろうんざりしてきましたので、今日は山のことでも書きましょうか。私が好きな山は花が豊かな山です。東北の秋田駒ヶ岳が最も好きな山なのですが、関東近郊では谷川岳にとどめを刺すでしょう。至仏山と隣の笠ヶ岳も好きですね。谷川岳の麓までは、私の家から車で1時間半で行けます。毎年多い時には3~4回登りましたが、この頃は年1回ですね。先週の20日にも登りました。

 いつもロープウェイで天神平まで上がり、そこから天神尾根を頂上まで登ります。2時間半ほどでオキノ耳に着きます。今年は雪が多く残っていて、肩の雪渓はたっぷりとありました。去年は7月上旬には全く融けてなくなっていたのですがね。花も去年より2週間ほど遅いようです。谷川岳には一つの花が一面に咲くような大きなお花畑はありませんが、種類の多さは日本有数でしょう。双耳峰のトマノ耳とオキノ耳の間や、西黒尾根はあきれるほどの花の多さです。西黒尾根は日本三大急登の一つといわれるほどの急斜面が連続する標高差1200mほどのルートです。年のせいか、もうこのルートを登るほどの気力はありませんが、花を見ながらゆっくりと下るのがいつものことです。今年もたくさんの花を見ることができました。

コシジオウレン(2017年7月20日 谷川岳) 肩の雪渓が融け始めたあたりに、ショウジョウバカマと一緒に咲いていました。別名ミツバノバイカオウレンとも云います。谷川岳ではなかなか見つけることができない花です。

170720


« 劉暁波さん | トップページ | 戻り梅雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/65575003

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳のこと:

« 劉暁波さん | トップページ | 戻り梅雨 »