« 2017年6月 | トップページ

2017年7月24日 (月)

谷川岳のこと

 今日は衆議院の閉会中審査で、5時間にわたり加計学園問題などの審査が行われています。お昼のニュースでちらっと見た限り、安倍首相は低姿勢で対応しているようですね。どこまで低姿勢を保てますか・・・。安倍批判もそろそろうんざりしてきましたので、今日は山のことでも書きましょうか。私が好きな山は花が豊かな山です。東北の秋田駒ヶ岳が最も好きな山なのですが、関東近郊では谷川岳にとどめを刺すでしょう。至仏山と隣の笠ヶ岳も好きですね。谷川岳の麓までは、私の家から車で1時間半で行けます。毎年多い時には3~4回登りましたが、この頃は年1回ですね。先週の20日にも登りました。

 いつもロープウェイで天神平まで上がり、そこから天神尾根を頂上まで登ります。2時間半ほどでオキノ耳に着きます。今年は雪が多く残っていて、肩の雪渓はたっぷりとありました。去年は7月上旬には全く融けてなくなっていたのですがね。花も去年より2週間ほど遅いようです。谷川岳には一つの花が一面に咲くような大きなお花畑はありませんが、種類の多さは日本有数でしょう。双耳峰のトマノ耳とオキノ耳の間や、西黒尾根はあきれるほどの花の多さです。西黒尾根は日本三大急登の一つといわれるほどの急斜面が連続する標高差1200mほどのルートです。年のせいか、もうこのルートを登るほどの気力はありませんが、花を見ながらゆっくりと下るのがいつものことです。今年もたくさんの花を見ることができました。

コシジオウレン(2017年7月20日 谷川岳) 肩の雪渓が融け始めたあたりに、ショウジョウバカマと一緒に咲いていました。別名ミツバノバイカオウレンとも云います。谷川岳ではなかなか見つけることができない花です。

170720

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

劉暁波さん

 中国の民主運動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波さんが7月13日に亡くなりました。中国当局に拘束されたままでの死去でした。私が劉さんを知ったのは、1989年の中国の学生が民主化を要求して立ち上がった天安門事件でした。天安門事件では、戦車の前に立ちはだかる人の写真が世界を憤激させました。天安門事件の前に、劉さんは民主化を要求してハンストに入っています。2008年には共産党の一党独裁や三権分立をうたった08憲章を起草しています。憲章を起草したことにより同年逮捕され、2010年に国家政権転覆扇動罪という罪状で11年の刑に処せられました。同年ノーベル平和賞を受賞しましたが、授賞式に出席することはできませんでした。獄中で体調が悪化し、ろくに治療もなされないままなくなったのです。世界は中国に対しごうごうたる非難を浴びせています。

 中国政府はこの非難に対し、「中国は法治国家であり、劉氏は法に違反している」とか「中国の司法主権の侵害だ」とか反発していますが、中国では司法などは独立していません。法は国民を守るためではなく、党を守るためにあるのでしょう。一党独裁国家に司法のことなどのたまう権利はありませんよ。天安門事件では、中国の人民軍が初めて人民に銃を向けました。国家に異議申す人々は国民・人民ではないという理屈でしょう。安倍首相が都議選の演説で、帰れコールを浴びせた人たちに、「私たちはこんな人たちに負けるわけにはいかない」と述べたのと本質的に変わっていません。安倍の目には、反対する人たちは国民とは映っていないのですから。言葉の銃を国民に向けた安倍はいずれ報いを受けるでしょう。

イチヨウラン(2017年6月22日 浦倉山) ラン科のかわいい花です。めったに見ることはありません。葉が一枚しかつかないのでイチヨウランと呼ばれています。

170622

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

夏野菜

 ここ数日、高崎は35℃ほどの日が続いています。それでも真夏の35℃と違い、明け方にはタオルケット1枚では足が冷たくなるくらい涼しくなるので我慢ができますが、さすが日中は少し畑に出ていただけで、下着は絞れば汗がぼたぼた落ちます。あまり暑いと片隅の井戸の水を汲み、顔を洗うと一時は気持ちよくはなりますが・・・。夏になって、イチジクがよく実っていて、毎日数個収穫できます。それを冷蔵庫に入れて冷やして食べるとおいしいこと。

 夏の野菜であるナス・キュウリも収穫できるようになりました。しかし、キュウリも毎日2本3本と収穫しても食べきれません。ナスは炒めたり焼いたり、みそ汁の具にしたりと重宝しています。トマト・オクラはまだです。トウモロコシは背丈よりも高くなり、穂が伸びて実も大きくなってきました。あと10日ほどでしょうかね。スイカも3個ほどは握りこぶしよりも大きくなってきました。野菜が採れるのはうれしいのですが、雑草の生える速さは半端ではなく、毎日追っかけっこの気分です。

イワナシ(2017年6月29日 八幡平) 雪が融けてしばらくした登山道でよく見かけます。実はナシのような味がするそうですが、残念ながら食べたことはありません。

170629

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

当然の都議選結果

 7月2日に東京都議選の投票が行われ、投票締め切りの午後8時にはもう自民党大敗の報道がなされていました。結果は127議席の定員に対し、都民ファースト(なんといやらしい党名か)55、公明23、自民23、共産19と自民は改選前の57の半分という惨憺たる結果となりました。まあ、それでも23議席も取ったのだから大したものですがね。6月18日の国会閉幕後の記者会見で自画自賛の評価をしていた安倍首相ですが、今度の結果には「大変厳しい都民の審判が下された。深く反省しなければならない」と述べたとか。本当に反省するならもっと前にすべきだったでしょう。今更遅いでしょうよ。

 自民党の役員会では「政権が発足してもうすでに5年近くが経過するなかで、安倍政権に緩みがあるのではないかと厳しい批判があったんだろうと思う」と他人事の意見を述べています。政権の緩みというよりは自分自身の驕り・傲慢さの帰結というところに考えが行かないところが幼児内閣の幼児たるゆえんでしょうね。いいところは自分の手柄にし、悪いところは全部人のせいにする。あ~あ、こんな内閣誰がした、と云いたいところですが、これも国民一人一人の意識を変えなければだめなのでしょうね。

イソツツジ(2017年6月30日 秋田・焼山) 焼山は八幡平の西側にある1366mの活火山です。周りには有名な玉川温泉や後生掛温泉・蒸の湯があり、今も温泉近くには湯沼・泥火山・噴気などが至る所にあります。写真は焼山の火口で、蔵王や草津白根のお釜のような淡いブルーを呈し、荒々しい風景の中に、イソツツジが咲いています。

170630

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ