« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月24日 (月)

山菜三昧

 春たけなわで、自宅の畑に植えてある山菜が毎日どっさり採れるようになりました。畑には山から移植したものや買ったものなど、多くの山菜があります。カンゾウ・ギボウシ(ウルイ)・ヤブレガサはもう育ちすぎです。今はタラノメとコゴミ(クサソテツ)が最盛期です。モミジガサやギョウジャニンニク・フキも大きくなってきました。ヤマワサビ(ワサビダイコン)も掘れば食べられるでしょう。コシアブラの芽も膨らんで、ヤマウドは芽が出始めました。ミズ(ウワバミソウ)は植えてから3年ほどになるのですが、なかなか大きくなりません。今日は朝採ったコゴミとタラノメを会社に持って行きました。皆に食べてもらいましょう。

 タラノメは、近くの山の麓に生えているひこばえのような苗を何本か持ち帰って植えたものが、もう10本を超え、増え続けています。適当に退治してはいるのですが、あの生命力には恐れ入ります。コゴミはもともと前の地主さんが植えてあったもので、それもだいぶ増えました。山菜の多くは日陰を好むものが多いのですが、我が家の畑は日当たりがよく、なかなか植えるところも考えなければなりません。フキはやたらと増え、これも適当に退治しないと増えすぎてしまいます。ぜいたくな悩みですね。

タラノメ(2017年4月18日 自宅の畑で) おいしそうなタラノメでしょう。この枝は大きく伸びてもう手が届きません。タラノキは寿命がそれほど長くなく、10年くらいなのでしょうかね。荒れ地を好むパイロット植物の宿命でしょう。

170418

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

幼児内閣

 昨日(16日)滋賀県大津市で開かれたセミナーで、山本地方創生担当大臣が外国人観光客への博物館などでの対応について、「(対応が悪いことの)ガンは学芸員だ、全員クビにしろ」のような発言をし、今日撤回・謝罪しました。どうにもこうにも安倍内閣の大臣の失言・暴言が停まりません。先日は今村復興大臣が福島原発事故後の帰還について、帰らないのは自己責任と言い放ち、これも撤回・謝罪に追い込まれました。これまでにも金田法務大臣や稲田防衛大臣の放言がありますが、安倍内閣20人の大臣のうち、4人が弁明これつとめました。大将たる安倍総理大臣ですら森友学園問題で、「私や妻が関わっていたら総理大臣も議員も辞めますよ」と大見え斬ったのに、間接的かもしれませんが妻が関わっていたことが明らかになっても辞めませんね。

 安倍内閣はうそつきだらけで、日本語を知らない幼児内閣ですね。こんな安倍の支持率が大きいことは不思議かつ腹立たしいことおびただしいですよ。自己責任は、自身の意思でしたことに対する責任であって、東電の責任で起こった事故に対する自身の行動に関する責任などありませんよ。また、博物館の学芸員の職務は資料の保全・整理・学術研究であって、観光案内ではありません。そのようなことを大臣がさせたいのなら、そのような専門員を大臣の責任で養成すればいい。どうも世の中の仕組みがわかっていない幼児大臣が多すぎます。

センボンヤリ(2017年4月12日 牛伏山) センボンヤリはキク科の野草で、図鑑では赤紫色が多いのですが、群馬県で見るセンボンヤリは白が多いですね。ひっそりと咲いている花で、なかなか見つけることができません。

170412

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

シリアへの攻撃

 シリア北西部のトルコ国境に近い反政府勢力の勢力圏とされる地区が、4日にサリンや塩素ガスの化学兵器による空爆が行われ、100人近い死者と多数の負傷者が出ています。アメリカ政府の発表では、この空爆はシリア政府軍によって行われたとしています。テレビに映る酸素マスクをつけた子供たちや、死亡した子供を抱いて嘆く父親の姿には胸を締め付けられます。化学兵器は「貧者の核兵器」ともいわれ、開発に時間もお金もかからず、科学の知識さえあれば手軽に作ることができます。そのことは、オウム真理教が起こした事件で、日本でもよく認識されていることでしょう。

 空爆の報道から数日たった7日、突然アメリカがシリアの空軍基地をミサイル攻撃したというニュースが飛び込んできました。地中海に展開するアメリカ海軍の駆逐艦2隻から、巡航ミサイル59発を発射し、全弾命中させたとのことです。攻撃の理由は、シリア政府が化学兵器を使用したからということでした。しかし、国連安保理が開かれていて、その究明に着手しようとしていた矢先に、アメリカは単独で攻撃に踏み切ったのです。物的証拠は何も示されていません。アメリカ第一主義を掲げ、世界の警察からは手を引いたはずのアメリカが、トランプの気まぐれから世界のゴッドファーザーを目指しているようにも感じられるのは、私だけでしょうかね。証拠もなしに、安倍も簡単に支持するなよ・・・。

イカリソウ(2017年4月9日 庭で) 我が家の桜ソメイヨシノは7日に咲き始め、9日には7分咲きになっています。モモは桜よりも早く咲き、ナシのつぼみも膨らんできました。春は駆け足になってきたようです。

170409

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

忖度騒動(2)

 とうとう忖度ということばも、TUNAMIと同じように国際語の仲間入りをするのでしょうか。今日の毎日新聞1面の余録欄に、森友学園問題を報じる外国メディアが忖度を訳すのに困っていて、英フィナンシャル・タイムズはそのままSONTAKUとしたそうです。外国の人にはわかりにくい概念なのですかね。忖度は中国最古の詩集に載っている「他人心有らば予之を忖度す」とあるそうです(これも余録から)。ですから中国人は理解できるでしょうね。それでも、例えばマフィアのボスのほのめかしによって手下が行動したり、軍隊の司令官の意をくんで部下が動くということはあるでしょう。日本の専売特許ではないと思いますがね。

 国連の核兵器禁止条約に、HIBAKUSHAという言葉が入るようです。外国にはない概念・言葉に「いただきます」、「ごちそうさま」がありますし、家に帰ってきたときの「ただいま」や「おかえりなさい」もそうでしょう。そんな日本語もそのうち、「ITADAKIMASU」や「TADAIMA」となって国際語化したら面白いでしょうね。

ヒヨドリ(2017年4月1日 庭で) 庭にある獅子咲きのツバキにヒヨドリが花を食べに来ていました。花びらを食べたり、花の奥に頭を突っ込んで蜜を吸ったりしていました。

170401_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »