« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月27日 (月)

忖度騒動

 ここ何日か、テレビ・新聞などで忖度(そんたく)という言葉が飛び交っています。大阪・豊中市の国有地払い下げ問題で、買い手である学校法人の理事長の依頼で、わが国の総理大臣の奥方様の秘書のようなお付きの人(国家公務員ですぞ)が財務省に問い合わせをし、その回答内容を依頼主にFAXしていたことが明らかになりました。その折に、財務省の役人に忖度が働いたか働かなかったか、予算委委員会で質問が出たのです。安倍首相は真っ向から否定し、官房長官も否定しました。

 「忖度」とは「他人の心を推しはかること」です。当然、奥方のお付きの方は自分のことだけではなく、奥方あるいは総理大臣の名前を出したでしょう。そうでなく、個人で問い合わせたらけんもほろろでしょうからね。それでなければ、あれだけ丁寧な回答は得られなかったでしょうよ。そのような丁寧な回答を得られたのは、当然ながら総理大臣あるいは夫人ということにたいして忖度が働いたからでしょう。それが普通の感情です。安倍首相も真っ向から否定したから余計疑惑が大きくなってしまいました。さてこれからいかがなりますことやら・・・。

ダンコウバイ(2017年3月22日 下仁田・兄倉山) 兄倉山は標高500m程度の山で、下仁田クリッペ(根なし山塊)のひとつです。21日の雨は山では雪で、榛名や赤城は真っ白でした。仕方なく雪のない低い山に登ったのですが、ダンコウバイやミツバツツジが咲き始めていて、もうけものでした。

170322

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

山菜の季節

 昨日のテレビは都議会の百条委員会での石原元都知事の映像が一番露出していました。脳梗塞を患った方にしては、舌はやや回らないのですが、言い方ははっきりしていましたね。久しぶりの石原節です。稲田の馬鹿な顔(ロシアとの会議)と一緒のニュースを見ながら、作ったばかりのフキ味噌でご飯を食べていました。我が家の庭や畑には、元からあったものに加え山から移植した山菜・野草が多く生えています。フキノトウは1月から出始め、昨日は最後の収穫でした。ついでにヤブカンゾウの10cmほどに伸びた茎を採り、湯がいておひたしにしました。先日は菜花を食べました。

 4月になれば、タラノメやコゴミも芽を出すでしょうね。まだ多くはないのでもったいなくて採らない山菜の、ギョウジャニンニク・モミジガサ・コシアブラ・ヤブレガサ・ヤマウドも芽を出すでしょう。東京は桜が開花したそうです。我が家ではオカメザクラが咲き始めました。お彼岸も過ぎ、日一日と暖かくなるウキウキするこの頃です。

カタクリ(2017年3月18日 庭で) カタクリやシュンランも食べられるのですが、もったいなくて食べる気がしません。

170318

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

好きな言葉

 歴史上の偉人や、小説・映画などで心に響く言葉に出会うことがあります。近頃また一つそのような言葉に出会いました。「憎しみは増すが、愛は減らない」です。これだけではなんだかわかりませんね。映画「戦火の馬」の中の言葉です。この映画はスティーヴン・スピルバーグの監督で2011年にできました。もうこれでこの映画を鑑賞したのは3回目です、最もDVDでですが。初めてこの言葉に気が付きました。第一次世界大戦の直前にイギリスで生まれたサラブレッドの仔馬は、ある小作農の親父が農耕馬として買い取りました。その親父の子どもにジョーイと名付けられ、成長します。しかし、豪雨により作物が全滅し、ジョーイは軍馬としてイギリス軍に売られてしまいます。第一次世界大戦の勃発により、イギリス騎兵隊の馬からドイツ軍の運搬用の軍馬となり、戦場を渡り歩いて、最後に育てた少年(兵となって戦場にいた)と再会するまでの映画です。

 作物が全滅し、息子が可愛がった馬を売った親父が自己嫌悪から妻に言います。「こんなダメ親父に愛想をつかし、愛が無くなっても仕方ない」と言ったことに、その妻があの言葉を言ったのです。短いシーンでしたが。珍しくジーンと来ました。この映画はいろいろな映画の賞にノミネートはされたのですが、ほとんど無冠に終わりました。スピルバーグは戦争映画では「プライベート・ライアン」でアカデミー賞を取っているのですが、映画としては「戦火の馬」のほうが私は好きです。

群馬県相馬原演習場(2017年3月10日 榛名山から) 3月9日にアメリカ海兵隊のオスプレイが訓練のため飛来しました。10日の朝には我が家の上空を北に向かう機影を見ています。爆音がヘリコプターと全く違いますね。この写真は榛名の南側外輪山の頂上付近から35mm換算で600mmの望遠レンズで写したものを切り取ったものです。いささか不明瞭ではありますが、真ん中にオスプレイが見えます。

170310

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

春の日差し

 昨日(3月5日)は、風も弱く暖かな日でした。我が家では最高気温が15℃ほどにもなりました。朝はまだ納屋でストーブを焚くのですが、10時を過ぎるとどんどん暖かくなり、薪をくべるのをやめてしまいました。暖かさに誘われて、久しぶりに畑の草取りをしました。おとといも暖かかったので、隣の八百屋でいただいた芽が出たジャガイモを50コほど植えました。サニーレタスを植えるところに堆肥とストーブから出た灰を入れ十分に耕しました。1週間ほどしたら種をまきましょう。

 巷のニュースは、豊洲の地下水問題、大阪豊中市の国有地払い下げ問題、長野県での防災ヘリ墜落事件などなどあまり明るいニュースはありません。11日を間近かにして、東日本大震災のことも大きく取り上げられています。しかし、群馬の片田舎では春の訪れを喜んだ貧乏隠居が「今日もいい日だな~」とひとりほくそ笑んでいるこの頃です。

ネコヤナギの花(2017年3月4日 庭で) 前回のネコヤナギの写真は柔らかな毛だけでしたが、今回の写真は花です。これは雄花だそうで、葯は赤くなり、そのあとで黄色の花粉を出します。葯と花粉の両方が見えるでしょう。

170304

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »