« 理想の暮らし | トップページ | 科捜研の女と地下水 »

2017年2月13日 (月)

戦闘と戦闘行為

 先日南スーダンのPKOに参加している自衛隊の日報が明るみに出て、戦闘があったことがかかれていました。国会で質問された稲田防衛大臣は、「戦闘とは書かれていたが戦闘行為ではなく武力衝突なのでPKO部隊を撤収するにあたらない」との様な答弁をしていました。この答弁を聞いていて理解できた日本人が何人いたのでしょうかね。戦闘と戦闘行為、戦闘状態などとどこが違うのでしょうか。法的には戦闘行為とは「国と国あるいはあるいはそれに準ずる組織同士の戦闘」らしいのですが、どこにそんな定義が書いてあるのでしょうか。浅学な私は知りません。純粋に日本語でみるならば、戦闘が行われたのであれば戦闘行為でしょうし、戦闘状態でしょうに・・・。

 これを言葉遊びと考えずに、法律では厳密に規定しているのだという人もいるようですが、その規定がどこにあるのか、規定の内容を理解している人がいったい何人いるのでしょうかね。法律家だけなのでしょうか。日本語の解釈が必要な法律用語などやめてほしいと思います。思い起こせば、1941年12月8日に、日本の大本営は「帝国陸海軍は本八日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり」と発表しましたね。どちらにしろいやな言葉です。いずれにしろ戦闘=戦争となるのですから。

梅の花(2017年2月11日 庭で) 自宅の梅の花がようやく咲き始めました。紅梅も3輪咲いています。写真は小梅の木で4輪咲いていました。去年より1週間ほど遅いようです。

170211


« 理想の暮らし | トップページ | 科捜研の女と地下水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/64888295

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘と戦闘行為:

« 理想の暮らし | トップページ | 科捜研の女と地下水 »