« 科捜研の女と地下水 | トップページ | 春の日差し »

2017年2月27日 (月)

科捜研の女(2)

 先回、テレビで2月16日に放送されたTV朝日のドラマ「科捜研の女」で取り上げていた地下水の話について批判的に述べました。番組の中で、潮汐による地下水の上昇が原因で、木造建物に影響を与え鍵が自動的にかかり密室殺人を成立させるということがありました。私は先回細かいTVの内容を説明せずに、「少なくとも、地下水位が潮汐によって目に見えるほど変化するようなことは、沿海部以外ではありません。まして、地下水位の潮汐変化によって、地上の建物に物理的な変化を生じさせるなどということが起こるわけがありません」と書きました。それに対して、弊社顧問の新藤先生からご意見を頂戴しました。先生曰く「地下水位は潮汐により変動する」、というものです。

 私も地下水位が潮汐によって微小な変動をすることを否定するわけではありません。地球でさえ太陽と月の引力によって歪むのですから、地下水位が変動してもおかしくはありません。しかしあくまでそれは微小な変動にとどまります。私が申し上げたいことは、内陸部の地下水位の潮汐変動によって、地上の構造物が歪む(これも目にみえるほどに)ほどの変動を引き起こしたりするようなことはあり得ないということです。こんなことが実際に起こるのなら、潮汐変動をまともに受ける沿岸部での建物は大変でしょうね。前回述べたことに少々補足しました。

ネコヤナギ(2017年2月27日 自宅の庭で) 庭の池の近くに植えてあるネコヤナギの芽が膨らんできました。これも春ですね。

170223


« 科捜研の女と地下水 | トップページ | 春の日差し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/64947954

この記事へのトラックバック一覧です: 科捜研の女(2):

« 科捜研の女と地下水 | トップページ | 春の日差し »