« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月26日 (月)

1年間ありがとうございました

 今年もあと5日ほどで暮れます。毎年云うかもしれませんが、あっという間の1年でした。子供のころの1年は、長くて長くて仕方なかったのですが、年とってからの1年は、矢のごとしどころか、鉄砲玉のようです。数え年では、年が明ければ七十です。昔風に云えば古希なのですねえ。古来希な齢というほどの年になるのですね。わが年代は誰でもそうでしょうが、一昔前の老人という感じは全くありません。まあ、ある程度ガタは来ているのでしょうが、老いたと感じるほどの体力や集中力の衰えの自覚は全くありません。食欲もありますし、何よりも食事が美味く感じられます。山にも昔と同じようなペースで登りますし、野良仕事にも精を出しています。こんなに健康な体に生んでくれた母に感謝ですね。

 そんな母が昨年秋96歳で逝き、この秋1周忌の法事を執り行いました。亡くなった時の葬儀が家族葬でしたので、1周忌も親兄弟だけの少人数で行いました。菩提寺が鎌倉にありますので法事も大変ですが、今は圏央道が関越から藤沢までつながっていますので、2時間半で行きつけます。以前は、関越・外環・首都高・湾岸・横横経由で4~5時間かかっていましたので、ずいぶんと楽になりました。正月明けも、5日には寺で新年の行事が行われますので行きます。もっとも、新幹線を使いますが・・・。ともあれ、今年はこの身には重大な出来事も起こらず、平穏無事に過ぎました。これも感謝です。1年間ブログを読んでくださってありがとうございました。来年も続けますのでよろしくお願いいたします。

サザンカ(2016年12月15日 庭で)我が家の庭の南側にはサザンカの木が10本以上あります。11月から花が咲き始め、そろそろ盛りを過ぎようとしています。白・ピンク・赤のサザンカは、淡い色のものほど早く咲く傾向があり、写真の赤いサザンカが最も遅く咲き始めます。色の乏しい冬にはうれしい花です。

161215

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

オスプレイの不時着

 米軍のオスプレイが沖縄の海岸に不時着し大破しました。映像で見る限り、ほとんどバラバラです。よく5名の搭乗員が助かったものです。まあ、空を飛ぶものは落ち、海に浮かび走るものは沈みます。ですから、絶対安全などというものはありません。それでも、アメリカの指揮官に、日本の人や建物に被害がなかったのだから、感謝してもらいたいなどといわれると、お前は沖縄の支配者か、と云いたくなりますね。それが本音であっても、いわれる側の感情を斟酌することはできなかったのでしょうかね。それが支配者というものでしょう。しかし、アメリカは沖縄の支配者ではないのですよ。

 事故が起きてすぐ、沖縄県知事が防衛大臣に抗議文を手渡していました。そのとき、抗議文を手渡し、防衛大臣と沖縄県知事はカメラに向かい記念写真のような雰囲気でした。知事も、普天間や辺野古のことで怒っているのなら、記念写真ようなそぶりをしなくてもいいでしょうに・・・。手渡して決然と部屋を後にすれば、沖縄県民も少しは留飲を下げたと思いますが、いかがでしょうかね。

キンカン(2016年12月15日 庭で) 今年もキンカンがたわわに実をつけています、全部で200個は超えているでしょう。我が家の柑橘類で実がなるのは今のところこれだけで、冬場の貴重な果物です。今日は会社の忘年会があり、金曜日にもかかわらず出社しました。ついでに会社にもキンカンを持って行きました。

161215

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

カジノは必要か?

 自民党などは議員立法でIR法案を国会提出し、成立させようとしています。IR法案は、特に裕福な外国人観光客を呼び込むために、カジノを含めた統合型リゾートを作ろうというものです。カジノを含めなければ、既存の法整備で十分なのでしょうが、わが国ではカジノは違法ですから、これを認める特区のような場所を作ってしまおうということでしょう。原則は地方自治体の申請に元ずくそうですから、大阪府や横浜市が色目を使っています。国際会議場・展示場・ホテル・ショッピングモール・劇場などを併設するようにするようですね。提出した議員とか色目を使う自治体は、IRによって経済を活性化しようとしています。

 しかし待ってください。IR法の真の目的はカジノ解禁ですよ。カジノ、いわゆる賭博によって経済を活性化するのですか。仮に活性化したとしても、それで何の意義があるのですか。賭け事で経済が活性化しても、それは競馬や博打で当てたあぶく銭でしょう。それで少し裕福になっても、あぶく銭で得た裕福さなど何の値打ちもないでしょう。恥ずかしいのにもほどがあります。まあ、賭博で経済が大きく活性化した例が世界にあったら、知りたいものですがね。

ビワの花(2016年12月7日 安中市郊外で) ビワは果樹の中では冬に花が咲く貴重な木です。裏わびしい花ですが、これが初夏にあのビワになると思うとかわいくなります。

161207

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

普段着

 会社に勤めていたころは、自宅での普段着は季節に合ったシャツやジーパンなどでした。しかし、事実上隠居となってからは、自宅での農作業中は作業服ですが、それ以外は、夏は甚平、夏以外は作務衣で過ごすことが圧倒的です。まあ、少々意味は違っているのでしょうが和服としてもいいのでしょうかね。作務衣はもともとお坊さんの普段着だったのでしょうが、今では広く着られているようです。素材は綿で着心地がよく、冬は少々寒いですが一度着慣れたら手放せませんね。寒い時は上に綿が入った半纏を羽織れば、もう云うことなしです。

 今、週に一度の出勤のときは、ワイシャツに毛のベストと薄手のジャンパー、ズボンはチノパンです。もう背広など着ませんね。背広は大分処分したのですが、まだ6着ほどは残っていて、箪笥の肥やしになっています。貧乏根性のせいでなかなか処分できません。いずれみんな処分しましょう。

ヤマツツジ(2016年11月29日 牛伏山) ここ何年か、牛伏山の中腹から山頂にかけて生えているヤマツツジがこの時期に狂い咲きをするようになりました。高崎に越す前のことは知らないのですが、ごく近年のことなのではないでしょうか。これも温暖化の影響なのでしょうかね。

161129

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »