« トモダチ作戦の後遺症 | トップページ | 土壌地下水環境展 »

2016年10月11日 (火)

秋の収穫

 実りの秋も真っただ中で、カキが山ほど実っています。毎日3~4個ずつ食べても、、まだ木には鈴なりです。実をつけた柿の木の中で一番実ったのは次郎柿の木で、8年前に植えてそれほど大きくはないのですが、今年は100を軽く超えるだけの実がなりました。しかし、夏場の天候不順で熟す前に落ちてしまうものが続出し、また甘みも例年よりも少ないものになっています。玄関前のキンモクセイの木に這わせたアケビは20個くらいなりました。子供の頃山に採りに行って、木の上から食べたあとの種を飛ばして遊んだことを思い出します。リンゴ(フジ)も10個くらい実をつけてはいるのですが、これも天候のせいか、色つやが悪いものになっています。

 昨日サツマイモを収穫しました。去年は、カメムシにかじられたものが多かったのですが、今年のサツマイモは色つやがよいものができました。1週間ほど天日に干して、ありがたくいただきましょう。ただし、収穫してすぐ蒸かしたイモは全く甘くありませんでした。サトイモも試し掘りをしたのですが、まだ少し早かったようです。あと2週間くらい置きましょう。

コスモス(2016年10月10日 庭で) コスモスが盛りです。もう少し立つと菊が満開になるでしょう。花と実りの柿はまだしばらく続きます。

161010


« トモダチ作戦の後遺症 | トップページ | 土壌地下水環境展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/64331052

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の収穫:

« トモダチ作戦の後遺症 | トップページ | 土壌地下水環境展 »