« 土壌地下水環境展 | トップページ | 虫歯です »

2016年10月31日 (月)

核兵器禁止条約

 10月27日に、国連の委員会で「核兵器禁止条約」の制定に向けた決議案が、圧倒的多数で採択されました。決議案は、オーストリアなどの核兵器非保有国が共同提案し、賛成123か国、反対38か国でした。アメリカ・ロシア・イギリスなどの国が反対したのですが、反対国の中に日本が入っていました。反対した理由は、「核兵器保有国と非保有国の対立を助長し、亀裂を深める」(岸田外相)からだそうです。何という理屈でしょうか。そんなことで核兵器禁止は反対というのでしょうか。亀裂を深めようが助長しようが、核兵器の使用は絶対反対と何故言えないのでしょうか。

 日本は、核兵器の攻撃による唯一の被爆国です。その日本は、戦後アメリカの核の傘の下で、平和と繁栄を謳歌してきました。しかし、それは本当に核の傘の下にいたおかげでしょうか。一度問い直す必要があるでしょう。唯一の被爆国として、核兵器の廃絶を長年訴えてきた日本が、核兵器禁止に反対するとは・・・、言葉を失います。原爆で亡くなった、あるいは今もなお後遺症に悩まされている方々に顔向けができるのでしょうか。岸田も安倍も恥を知りなさい。そういえば稲田という馬鹿がもう一人いましたっけ。

トリカブト(2016年10月12日 荒船山) 秋も深まってきましたが、今年の紅葉は大外れでしょう。とくに、ブナ・ミズナラなどの広葉樹は色づく前に葉が落ちています。天候が悪かったためでしょう。この頃は天気もだいぶ良くなり、寒暖の差が大きくなってきましたので、これからのモミジ系は良いかもしれませんね。

161012


« 土壌地下水環境展 | トップページ | 虫歯です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/64424837

この記事へのトラックバック一覧です: 核兵器禁止条約:

« 土壌地下水環境展 | トップページ | 虫歯です »