« 首相の言(2) | トップページ | 人類の変化 »

2016年7月 4日 (月)

南八幡平のブヨ

 6月29日から7月1日まで、2泊3日で八幡平から網張まで縦走してきました。梅雨の真っただ中にもかかわらず、おおむね良好な天気に恵まれた山行でした。網張あたりから北の八幡平南部は、山岳地図や図書では裏岩手とされています。私がこのあたりに登っていた学生時代は南八幡平と云っていたように記憶していますが、今は裏岩手というのでしょうかね。1日目は八幡平の東端の茶臼山から登り、八幡平を東から西まで歩き、藤七温泉に泊まりました。藤七温泉は、廊下や部屋の床が傾いているような温泉旅館ですが、温泉と食事は大変良かったです。2日目は藤七温泉から大深岳を経て三ツ石山荘まで、3日目は三ツ石山荘から網張温泉に下りました。

 この山行で最も悩まされたのはブヨでした。以前行った時もブヨに悩まされたので、今回は蚊取り線香を持って行きました。ずっと昔に買った金鳥の携帯蚊取りを腰にぶら下げていたのですが、立ち止まるとたちどころにブヨの大群がまつわりついてきました。効果があったのかなかったのか、7 箇所ほど刺されました。1か所は左目で、3日間ほどはお岩さんのような目になっていました。まあ、それ以外は、花にも恵まれた山行でした。帰って一夜明けてテレビを見ると、バングラデシュの惨劇が報道されていました。

ノウゴウイチゴ(2016年6月29日 八幡平) 花が終わると、2cmほどの赤い実をつけます。山でこの実を食べると、こんなうまいものがあるのかと思うほど美味です。関東周辺にはよく似たシロバナヘビイチゴがありますが、花弁の数が違うのでわかります。ノウゴウイチゴは7~8枚と多いのです。

160629


« 首相の言(2) | トップページ | 人類の変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/63868579

この記事へのトラックバック一覧です: 南八幡平のブヨ:

« 首相の言(2) | トップページ | 人類の変化 »