« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月30日 (月)

群馬県の山岳遭難

 昨年起こった群馬県内の山岳遭難は120件あり、遭難者数は142人だそうです。そのうちの60歳以上はほぼ半数の74人で、死者11人のすべては50歳以上です。この頃目立つのは、いわゆる里山や低山歩きで遭難する人が増えていることです。群馬県でも、今年になって岩櫃山や荒船山で生じています。遭難が増えている原因については、①高齢者の登山人口増、②高齢者は体がついていかない、③準備不足などを挙げています。このうちの体力については私も同様でしょう。確かに、石や木の根っこなどにつまずくことが多くなりましたね。だからと云って、山はやめられません。困ったものです。

 自分のことは棚に上げて、この頃の老人登山者の多くは、いや、ほとんどは地図を持っていないのではないでしょうか。持っていても、読図ができる人は皆無に近いでしょうね。若い人は頂上でよく登山地図を広げているのを見かけますが、例えば昭文社の地図などでは細かい地形は読み取れないでしょう。群馬の山は人も少なく、登山道が整備されている山は少ないのです。昨年か一昨年か忘れましたが、西上州の稲含山の頂上で多くの人に会いました。これから白髪岩まで行くとのことです。聞いたら、バスで登山口に来て、ガイドもいないそうです。「この先道はありませんよ、止めなさい」と云ってしまいました。これでは遭難するのが当たり前です。

ブナ林(2016年5月25日 玉原湿原)玉原湿原の上部には、関東最大のブナ林が広がっています。その中を通って鹿俣山へと行ってきました。関東地方にもこれほど見事なブナ林があるのです。丹沢と違って、結構細い幼木がありましたので世代交代は行われているのでしょう。

160524

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

横綱白鵬の言葉

 昨日千秋楽で横綱鶴竜を破り、史上最多の37回目の優勝を果たした白鵬、13日目の稀勢の里との一番では、大相撲の末に下しています、勝った後でのインタビューの中で、白鵬は興味深い言葉を話していました。稀勢の里のことを聞かれて「勝ってもいいんだよという感じだったけど勝てなかった。何かが足りないのだろう」。その通りでしょうね。また、こうも言っています。「強い人が大関になる。宿命ある人が横綱になる」とも・・・。白鵬は土俵上の態度から非難する人が多いのですが、時折伝わる白鵬の言葉には意味深いものがあります。

 私は別に相撲のファンでも、白鵬のファンでもありません。時々TVのニュースで見るくらいです。それでも、一流の人の言葉には感心させられます。私の大学時代に小笠原という古い友人がいるのですが、彼がおじいさんから言われたことに、「徳島にパチンコのプロがいて、彼が店に来ると必ず店員が後ろに立つ。そのうちそのプロに紙包みを渡してお引き取り願ってた。なんでも一流になれば大したものだ」ということがあります。まあ、白鵬をパチンコのプロと並べるのは失礼かもしれませんが、白鵬の言葉を聞いてその話を思い出しました。

ムラサキヤシオツツジ(2016年5月20日 上信国境・稲包山)稲包山は、新潟と群馬を結ぶ三国峠の西にある山で、東の三国山に対しています。三国山はニッコウキスゲの群落で有名な山で、多くの人が登りますが、稲包山に登る人は少なく、静かな山を満喫できます。頂上からは360度の大展望で、これもまた見事です。今の時期、ムラサキヤシオ・オオカメノキ・アズマシャクナゲが満開でした。

160520

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

BOSEのCDラジオ

 我が家の居間には、そこそこのオーディオシステムがあり、自作のスピーカー5セットを気分により使い分けています。寝るときは別の和室を使いますが、そこでも音楽を聴きたくて1年ほど前に小型の安いシステムを買いました。付属のスピーカーを自作のものに取り換え、今まで何とか我慢して聞いてはいたのですが、やはり良い音で聞き手くなり、思い切ってBOSEのWave Music Systemを買いました。量販店などでは買えず、BOSEの通信販売です。これが8日に家に着きました。箱を開けての第一印象は”小さい!”です。居間のシステムのプリメインアンプほどの大きさしかありません。こんなのでよい音が出るのだろうか?

 セットアップも何もなく、電源を接続してCDをスロットに挿入すると自動的に演奏が始まります。本体にはスイッチが全くありません。すべてリモートコントロールなのは少々不便です。せめてボリュームとCD取り出しくらいは本体でできるとありがたいのですがね。しかし出てきた音にはびっくりしました。目をつぶって聞けばこれがあの小さな本体から出ているとは想像できません。低域も豊かです。カタログには書いてないのですが、スピーカーは6cmほどです。一体どうしたらあんな豊かな音が出てくるのでしょうか。唖然としましたね。ボーカルの生々しさは一聴に値しますよ。72,000千円は無駄ではありませんでした。

ヒゲネワチガイソウ(2016年5月12日 浅間隠山) 何日か雨が続き、久しぶりの晴れ間に浅間隠山に出かけました。頂上からは360度の展望で、富士山・北岳・立山・谷川岳・平ヶ岳・日光連山などなどの景色を堪能しました。標高が高いだけあって花はまだなのですが、中腹の木陰にはこんな花も咲いていました。直径1.5cmほどのかわいい花です。

12

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

賭博は悪か

 私は博打の類は一切やりません。唯一昔はパチンコをしていました。それも20代前半までで、パチンコ台が自動になってからは一切やったことがありません。宝くじや競馬・競輪も同様です。どうも運に賭けるようなことは性に合わないのでしょうね。昔のパチンコは1球1球、自分の力量で打てました。それが自動になって機械任せになったので、どうも自分の打ち方ができなくなりやめたのです。

 近頃マスコミでは、プロ野球やアマチュアスポーツ選手の違法賭博の話題が上がっています。しかし私にはどうも納得がいきませんね。法が許した賭博が善で、法が禁じた賭博は悪なのでしょうかね。日本では違法でも、外国では適法という賭博がいくらでもあります。そこら辺の善悪の線引きは誰がするのでしょうか。賭博のすべてを違法とするなら話は分かりますが、良い賭博と悪い賭博があるのは納得いたしかねるものがあります。いっそのこと、賭博はすべて公営として解禁したらいかがでしょうか。そういえばかつて東京湾の夢の島に、公営のカジノを作ろうかというような話がありましたっけ・・・。

コイワザクラ(2016年5月2日 松井田・山急山) 西上州の1000m前後の岩山の、湿った斜面に咲く花です。ミョウギイワザクラという人もいます。神奈川の丹沢や箱根でよく見ましたが、西上州のものは少し色が淡いですね。

160502

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »