« メダカが消えました | トップページ | 認知症の家族責任 »

2016年2月29日 (月)

鳥が来る庭

 先週、鳥が来ているということを書きました。カワセミに池のメダカを食べられているようなことも書いたのですが、その後の観察により、カワセミではなくカラスであることが判明しました。カラスは池の中にじゃぶじゃぶ入り、泳ぐようにしていました。底に置いた玉石を動かし、池の水を盛大に濁らせています。そこで、池の上に鳥よけの網を張りました。この網も端のほうは空いていますので、カラスは水辺には来るのですが、泳ぐことはできませんのであきらめて帰ります。おかげさまで、暖かい日はメダカも気持ちよく泳ぐようになっています。

 2月23日午後に納屋の隙間から観察すると、結構多くの鳥が確認できました。カラスはもちろんのこと、スズメ・クロツグミ・ハクセキレイ・ヒヨドリ・キジバト・ジョウビタキです。スズメは餌付けしていますので、毎朝餌の催促に飛んできて騒がしく鳴きます。ヒヨドリは、梅の花を食べているように見えます。クロツグミは畑の土をつついています。ハクセキレイは、草の種を探しているのでしょうかね。小鳥たちを見ていると幸せな気分になります。

ハクセキレイ(2016年2月23日 庭のロックガーデンで) 尻尾を振りながらかわいい声で泣いています。毎日何羽か来ていますね。

160223


« メダカが消えました | トップページ | 認知症の家族責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/63279965

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥が来る庭:

« メダカが消えました | トップページ | 認知症の家族責任 »