« 北朝鮮の水爆実験 | トップページ | 大寒波 »

2016年1月18日 (月)

真田幸村

 昨晩遅くから降り始めた雪は、朝6時ころには10cmほどになっていました。週初めは出社のため朝6時半に家を出て、群馬八幡駅に行きます。駅に着くと電車が停まっていました。いつも乗る電車よりも1本前の始発電車です。アナウンスによると、始発電車の前に走った臨時電車が故障して止まっているとのこと。観光シーズンでもないのに、なんで臨時電車と思ったのですが、のちのアナウンスでは除雪車ということでした。除雪のために出動したものが故障して動けなくなってしまったのですね。シャレにもなりませんね。おかげで、会社につくのは2時間近く遅れました。

 昨夜は、夜8時からNHKの「真田丸」を見ました。私は真田ものが大好きなので、初回から期待して見たのですが、三谷幸喜の脚本があまりにもくだらなく、これからどうしましょうかね。真田幸村の本名は真田源二郎信繁だということで、三谷脚本は信繁で押し通すようです。いいじゃないですか幸村で・・・。そんなに史実にこだわるのなら、脚本ももっとちゃんとしろよと言いたくなります。真田物の決定版である「真田太平記」を書いた池波正太郎は、こう書いています。「源二郎は、後年、真田左衛門佐信繁と名乗ることになるのだが、彼は『真田幸村』の名をもって、人びとに知られている。幸村の名は、あまりにも人口に膾炙してしまってるので、この小説でも、親しみぶかい名をもって、彼を描きつづけてゆきたい」。三谷さん、池波正太郎の考えが理解できますか?あ~あ、昔(1985年4月から1年間)NHKが放映した真田太平記を再放送しないかなあ。

我が家の薪割り道具 納屋の薪ストーブで燃やす薪は、山に行くたびに林道に落ちている木を拾ってきます。太いものは斧で割るのですが、私が愛用している斧は、写真の左側2本のフィンランド製の斧です。柄は木ではなく、カーボンです。

160103

« 北朝鮮の水爆実験 | トップページ | 大寒波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田幸村:

« 北朝鮮の水爆実験 | トップページ | 大寒波 »