« 消費税 | トップページ | 私にとっての五大事件 »

2015年12月21日 (月)

下町ロケット

 昨日(12月20日)で、TBS放映の下町ロケットが終わってしまいました。最終回は視聴率が22%にもなったそうです。ドラマの中では、ありえないような変な、こじつけのシーンもあったことはあったのですが、第一話から夢中で見ていました。映画以外は見ることがない私としては珍しいことです。私の会社は、従業員数10名程度の零細企業です。ドラマの佃製作所は従業員数200名との設定ですから、私から見れば大企業ですが、技術を最も大切にする考え方は同じです。わが社は零細企業ですが、土壌汚染調査対策の技術は日本一と自負しています。佃社長のセリフの中で印象に残っているのは、「挫折したことがないのは、新しいことに挑戦したことがないからだ」や「技術は人を幸せにすることが大切で、特許とか儲けとかは二の次の問題(言い方は違ってたと思いますが)」がありますね。

 俳優も良かったでしょう。佃社長の阿部寛をはじめとして、帝国重工財前部長の吉川晃司、佃製作所の経理部長、悪役弁護士のピーター、銀行の融資課長、NASA出身役の小泉孝太郎などなど(名前がわからない人もいてごめんなさい)、とくに悪役は殴り倒したいほど悪役でしたね。9週間にわたって夢中にしてくれたTV局の製作スタッフや演じた方々、ありがとうございました。

ホトケノザ(2015年12月6日 自宅の畑で) もうホトケノザやオイヌノフグリが我が物顔に咲き始めています。最盛期は春先ですが、かなり多く咲いています。雑草ですから、畑の中のものはみんな取ってしまうのですが、畑以外の一部は残して楽しんでいます。

151206

« 消費税 | トップページ | 私にとっての五大事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下町ロケット:

« 消費税 | トップページ | 私にとっての五大事件 »