« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月30日 (水)

私にとっての五大事件

 2015年も残すところわずかとなりました。今年もどうやら、あまり良いことがなかったような気がします。普通は良いことばかりが記憶に残り、つらいことは忘れるというのですが、どうも逆のようですね。今年一番の出来事はやはり、自分のことになりますが母が亡くなったことでしょう。母の96年7ヵ月の最期を、本当に悔いなく見送れたかは自分でも首をかしげますからね。2番目は、安全保障関連の法律の成立です。何度も言いますが、私はこのすべての法律に反対ではありません。しかし、憲法を改正せずに解釈を強引に捻じ曲げて成立させたことに憤りを覚えるのです。野党のだらしなさにも腹が立ちました。

 3番目は、鬼怒川堤防の決壊です。津波と同じで、堤防を高くしたから完全に防げるというものではありません。ハードの対策と共に、とくにソフトの対策が後手に回ったとしか云いようがありません。4番目は、年の瀬が押し迫ってきたなかで、日韓の従軍慰安婦問題が決着しそうというニュースです。しかしこれも政治決着というわけで、実際に関わった人たちが納得するものではないのではないでしょうか。5番目は、だいぶ落ちて、私の畑のハクサイが初めて巻きました。今まで育てても育てても巻くことなく、葉っぱをだらしなく開いていたものが、巻いたのですからうれしいですね。と、くだらないことも混ぜてお伝えした私が感じた五大出来事でした。来年もまたよろしくお願いいたします。

小樽運河(76年冬) だいぶ前にどこかの番組で小樽のことを取り上げていました。その中で小樽は急速に衰えたから古いものが残ったというような話が出ていましたが、今はこの小樽運河も幅1/3ほど埋め立てて遊歩道になっています。以前の運河はごみが大量に浮き、あまりきれいとは言えない状態でした。新しい年を迎える時に、ふと小樽のことを思い出しました。

760301

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

下町ロケット

 昨日(12月20日)で、TBS放映の下町ロケットが終わってしまいました。最終回は視聴率が22%にもなったそうです。ドラマの中では、ありえないような変な、こじつけのシーンもあったことはあったのですが、第一話から夢中で見ていました。映画以外は見ることがない私としては珍しいことです。私の会社は、従業員数10名程度の零細企業です。ドラマの佃製作所は従業員数200名との設定ですから、私から見れば大企業ですが、技術を最も大切にする考え方は同じです。わが社は零細企業ですが、土壌汚染調査対策の技術は日本一と自負しています。佃社長のセリフの中で印象に残っているのは、「挫折したことがないのは、新しいことに挑戦したことがないからだ」や「技術は人を幸せにすることが大切で、特許とか儲けとかは二の次の問題(言い方は違ってたと思いますが)」がありますね。

 俳優も良かったでしょう。佃社長の阿部寛をはじめとして、帝国重工財前部長の吉川晃司、佃製作所の経理部長、悪役弁護士のピーター、銀行の融資課長、NASA出身役の小泉孝太郎などなど(名前がわからない人もいてごめんなさい)、とくに悪役は殴り倒したいほど悪役でしたね。9週間にわたって夢中にしてくれたTV局の製作スタッフや演じた方々、ありがとうございました。

ホトケノザ(2015年12月6日 自宅の畑で) もうホトケノザやオイヌノフグリが我が物顔に咲き始めています。最盛期は春先ですが、かなり多く咲いています。雑草ですから、畑の中のものはみんな取ってしまうのですが、畑以外の一部は残して楽しんでいます。

151206

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

消費税

 再来年の4月から消費税率を8%から10%に上げる際に、軽減税率を適用する品目がようやく自民・公明両党の協議で決着したようです。これがニュースを聞いている限りでは、漫才を聞いているようでした。そりゃあそうでしょう、軽減税率を適用するのは、食料品です。これまで、生鮮食料品だけだとか、加工食品を含めるだとか、外食はダメだとか、まあまあ面白いほどに議論?されてきましたね。今度決まった内容では、持ち帰る食品(惣菜・弁当)などは軽減税率が適用されますが、店内で食事する外食になると適用されません。つまり、テイクアウトの牛丼は8%でOKですが、店で食べる牛丼には10%かかるということになるのでしょうかね。そうすると、テイクアウトの牛丼を頼んで、店で食べる人が増えるのですかね。

 軽減税率の適用で、どの程度食費が助かるかを計算すると、1年間で1世帯1万円ちょっとだそうです。月千円くらいでしょう。わずか2%の軽減税率などというケチなことはやめてもらいたいです。いっそのこと、食料品は消費税をかけないで、贅沢の品に消費税を30%くらいかければいいのですよ。貧乏人の救済策を本気でやるのなら、選挙前の3万円のばらまきなどやめて、消費税のかけ方を根本的に見直してほしいですね。

赤城・地蔵岳(2015年12月12日 赤城・小沼で) ようやく天気がよくなり、赤城山に出かけました。覚満淵から長七郎山に登り、小沼の畔を歩いていたら風が収まり、鏡のような小沼の水面に対岸の地蔵岳が映っていました。

151212

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

寒くなってきました

 今朝は、コンポストのふたが凍り付いていました。まだ池に氷は張っていないのですが、どうやら地面近くは氷点下になったようです。月曜日は朝5時半に起き、朝食をとってごみを処分し、6時半に家を出て会社に向かいます。今日は川越線の線路内で煙が上がり、直通運転している埼京線のダイヤが大幅に乱れ、車両が人で膨れてパンクするのではないかと思うほどに激込でした。この頃埼京線がダイヤ通り運転されるのが珍しくなってきましたね。何で2時間もかけて、群馬から板橋まで通勤しているのでしょうかね。

 日中は日が差せば結構暖かくなるのですが、朝は冷えるため納屋のスト-ブをつけるのが日課になりました。寒いとはいえまだ最高気温は10℃を上回ってるのですから、北海道に比べればたかが知れているでしょうね。ところが、北海道の人は寒がりなのですよ。冬は部屋の中で石油ストーブをガンガン焚き、30℃くらいまで温め、ステテコ一枚で氷下魚をつまみに吹雪を見ながらサッポロビールを飲む。これが札幌にいたときの人々の冬の印象でしたね。今の私は、薪ストーブで焼き芋を作り、ミルクティーを飲むのが日課になりました。

サザンカ(2015年12月6日 家の庭で) 夏はメダカを入れてある水鉢も、冬は大きな池に移しています。主のいなくなった鉢に、上にあるサザンカの花が一輪落ちて浮いていました。普通花びら一枚ずつ落ちるのですが、珍しいことです。

151206

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »