« テロリズム | トップページ | 寒くなってきました »

2015年11月30日 (月)

羽生結弦のガッツポーズ

 フィギュアスケートのNHK杯で、羽生結弦選手がショート・フリーとも世界最高得点をマークして優勝しました。それはそれでおめでたいことであるし、演技も素晴らしいとは思いました。ショートプログラムで4回転ジャンプを決めたときには、わずかに姿勢が乱れたのですが、フリーでは3回とも完璧でした。フリーの音楽もよかったと思います。しかし、私ががっかりしたのはフリーの後半でジャンプの後にガッツポーズをしたことです。これ以後は、私はざらざらした感覚でテレビを見ました。

 私はフィギュアスケートは舞だと思っていました。音楽に合わせ華麗に舞う。バレーと同じです。バレーのダンサーが、舞の途中でガッツポーズをしますか。日本舞踊の踊り子が途中でガッツポーズをしますか。彼はフィギュアスケートをほかのスポーツと同じと思っているのでしょうね。優勝した後で羽生は、あのガッツポーズは振り付けの一部と言ったそうです。私の感覚がずれているのでしょうかね。私の知る限りでは、テレビ・新聞ともガッツポーズを批判したものはありませんでした。へそ曲がりの私は、これ以後羽生が嫌いになりました。

榛名神社の鞍掛岩(2015年11月27日) 榛名山中腹にある榛名神社は、1400年前に建てられたそうです。現存する建物はそう古いものではないのですが、国の重要文化財に指定されています。入り口付近の沢沿いに、写真のような奇岩があります。もともとは洞窟であったものが、奥が崩れて入り口のアーチ部分が残ったものだそうです。

151127

« テロリズム | トップページ | 寒くなってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽生結弦のガッツポーズ:

« テロリズム | トップページ | 寒くなってきました »