« 日常生活のありがたさ | トップページ | ハロウィン »

2015年10月26日 (月)

世捨て人への思い

 もともと会社をリタイアしたら世捨て人になるのが目標でした。しかし、実際に不完全ながらリタイアしても、世捨て人になることはなかなか難しいようです。以前の会社関係の友人知人との付き合いはほとんどなくなりました。学会や協会の役員もすべてやめ、学会はすべて退会しました。田舎に引っ込んで晴耕雨読の生活が理想で、家の裏に畑にする土地も買い、野菜類は自給自足的な生活もできるようになりました。それでも、社会との関わりを断つのは困難です。その最たるものが近所づきあいですね。昨年には町内会の役員を引き受けざるを得ず、町内会の班長を三年間やらさせる羽目になっています。

 ほかに社会との関わりをいくつか挙げれば、①週一度の出社、②このブログを含むインターネットへの接続、③携帯電話などがあります。これらを捨て去ることはできるのでしょうかね。もっとも、社会に繋がっている最大のものは年金でしょうかね。こればかりは止めたら飢え死にするでしょうね。したがって、世捨て人になることはできっこないことがわかりましたが、できるだけそれに近づきたいとは思っています。

サザンカ(2015年10月25日 庭で) 今年はもうサザンカが散りはじめ、木の下は花びらのじゅうたんになっています。道との境界に植えた種類の違うサザンカのつぼみが膨らみ始め、いよいよ冬が近づいてきました。

151025

« 日常生活のありがたさ | トップページ | ハロウィン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世捨て人への思い:

« 日常生活のありがたさ | トップページ | ハロウィン »