« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月28日 (月)

あきれた内閣法制局

 政府提出の法律が憲法に抵触しているかや、法的安定性などを審査し、また内閣に意見を述べる政府の機関が内閣法制局です。政府が昨年7月1日に閣議決定した集団的自衛権の行使容認に必要な憲法9条の解釈変更について、同6月30日に閣議決定案文の審査を依頼され、翌日「意見なし」と回答したそうです(2015年9月28日付毎日新聞)。法の番人とされている法制局が、全く審査もせずに憲法解釈変更を追認したことは、驚くべきことでしょう。今まで憲法解釈については、法制局が厳密に規定していました。歴代長官も従来の憲法解釈を順守してきたのですが、2代前の長官から雲行きが怪しくなってきました。それを、今回は審査もせずに通してしまったのです。それも7月1日には憲法解釈を担当する第1部の担当参事官が「意見はない」と国家安全保障局の担当者に電話で伝えたそうですから、あきれますね。

 こんなに大切な事柄を電話1本で軽く伝えたのですから、法制局自体が憲法解釈変更を重く見ていなかったということでしょう。安倍総理が解釈変更を急ぎ、法案成立を急いだことを法制局が斟酌して「意見なし」で通してしまったのでしょうね。今までの法制局の積み重ねられてきた法解釈との整合性を重視した厳格な審査をすることから、「法の番人」と呼ばれてきた信頼性はこれで一気に失われてしまいました。厳格な法の番人も内閣の腰ぎんちゃくになり果てたのでしょうか・・・。77人の法制局職員は、国民の大多数を裏切ったことに対して痛切な自己批判をするべきでしょう。(以上、事実関係の多くは毎日新聞の記事を引用しました)

シロヨメナ(2015年9月21日 御荷鉾山塊・赤久縄山) 山の花もだんだん少なくなってきましたが、キク科の植物はまだまだ現役で頑張っています。

150921

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

安全保障関連法について

 このブログでも時折述べてはいますが、私は安全保障関連法のすべてが反対ではありません。ただこの法案の中では憲法に違反するものが多いということで反対なのです。憲法は憲法に違反する法律の制定を禁じています(第98条)。それを屁理屈をつけて解釈変更で法を制定するということにあきれているのです。憲法第9条は、戦力の保持を禁じていますが、それを解釈変更して自衛隊ができました。また、自衛のための戦力は憲法で禁じられていないとして、個別的自衛権を確立しました。ただし集団的自衛権は禁じられていると代々内閣は述べてきました。憲法解釈の変更は時々行われてきてはいますが、今回の憲法解釈変更は今までの政府見解を180度ひっくり返すものです。それに対しての十分な説明がなかったのです。それを11本ものの重大な法律をわずか100時間程度の国会審議で押し通したのです。

 これも何回も述べてきたことですが、私は1990年から91年にかけて、アフリカのザイール(現コンゴ民主共和国)に1年間、地方の地下水開発のために滞在していました。時は第1次湾岸戦争が起こりつつあるときで、インフレは年1000%に達し、治安は非常に不安定でした。1990年の秋に、時のモブツ大統領に対し全国的な暴動が発生し、翌年の秋には内乱状態となりました。暴動の時に日本大使館に連絡を入れ、どのように対処すべきか問い合わせましたが、大使館は「なにもできません、せめて遺書を書いておいてください」とのことでした。アメリカであればいつでもどこでも軍隊が救助に出動するでしょうが、日本は全く無力です。この時ほど自衛隊を恨めしく思ったことはありません。改正自衛隊法では、第84条の3で、在外邦人の保護をうたっています。憲法解釈に関係なくこの1点では趣旨には大賛成します。ですが、ほかの法案と一括提出したために、全体として賛成しかねるのです。憲法違反の法案は、正々堂々と憲法改正を諮ってから、考えるべきでしょう。でなければ、個々の法案を切り離して審議すべきであると思いますが・・・。

ミヤマママコナ(2015年9月19日 御荷鉾山塊・赤久縄山) 普通は紅紫色の花ですが、この花はほとんど白です。花ののどの部分に黄色の盛り上がりがあるのでミヤマママコナと判断しました。違ったらごめんなさい。

150921

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

臨時福祉給付金

 先日高崎市財務部市民税課から母あてに、「平成27年度臨時福祉給付金についてのお知らせ」という郵便物が届きました。趣旨は「平成26年4月に消費税が引き上げられ、負担軽減のために給付金を支給する」というものです。去年も来ましたが、基本的には「おかみのお世話にはならない」主義ですのでほおっておきました。それが性懲りもなくまた来ました。支給対象は市民税が課税されてない人ですが、①扶養者がいて市民税を納めている、②生活保護受給者、③中国残留邦人等への支援給付受給者は除くそうです。生活保護受給者が対象から外れたのはなぜですかね。、それにしても、母が私の被扶養者になっているのは市でも少し調べればわかるでしょうが。仮に知らんふりして申請しても、あとの審査で引っかかるでしょうがね。

 給付金は6000円です。このためにどれだけ自治体は費用をかけるのでしょうかね。ばかばかしい。次の消費税の引き上げでは、軽減税率の代わりに食料品はポイント還元を行うそうですが、その最高額は4000円だそうです。まあ、5%から8%で6000円なら8%から10%で4000円は妥当でしょうが、ポイント還元で上限があるとは、ヨドバシカメラに笑われますよ。それも、ポイントカード(マイナンバーカード)を作り、申請して初めて大枚4000円が支払われるようです。あ~あ・・・。

クロマメノキ(2015年9月12日 小浅間山) 小浅間山は浅間山の寄生火山で、高さは1655mですが、頂上付近は火山礫だらけで、ミネズオウ・クロマメノキ・ハクサンオミナエシ・コケモモ・グンバイヅル・ガンコウランなどの高山植物を見ることができます。手軽に登れ、浅間山の雄大さが実感でき、花も楽しめるいい山です。

150912

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

初キノコ採り

 梅雨明けから35℃を超えるような日が連日続いていたのですが、8月10日ころを境に雨の日が多くなり、気温も30℃に届かない日が多くなり、今日まで続いています。おかげで畑仕事も満足にできず、山にも行けず、体にカビが生えてしまいました。それが9月5日(土)は久々に朝からスキッと晴れました。ご隠居の身分になってから、山に行くのは平日にしていたのですが、我慢できずに土曜日でも出かけました。ほぼ1.5カ月ぶりです。この時期になると山はキノコの季節が始まりますので、キノコ採りも兼ねました。浅間やその周りの山々は麓がカラマツ林で、イグチの類が多く生えます。それを目的に浅間連峰の西の端にある角間山に出かけました。

 登り始めの登山口近くからハナイグチ、それも傘が開いていない幼菌が多く、結構な量が取れました。去年同じ時期に登った時、ハナイグチと共にたくさん違うキノコを採りました。最初はアミタケと間違えていたのですが、今年もたくさんあり、よく観察し写真に撮って調べた結果「ワタゲヌメリイグチ」であることがわかりました。去年はこれをいっぺんにたくさん食べ、3日間下痢に悩まされました。我がきのこ図鑑では食用キノコと載っていました。でも、私に合わないのでしょうか、下痢するのが嫌で今年は採るのをやめました。ハナイグチは、小さいものを味噌汁で食べました。なめこ汁よりおいしいですよ。残りは醤油漬けで保存します。

ワタゲヌメリイグチ(2015年9月5日 角間山) 主に五葉松の根元に生えています。カラマツ林にもあり、採ろうと思えばたくさん採れたのですがねえ・・・。下草にミツバオウレンやコケモモが見えます。

150905

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »