« 群馬県知事選 | トップページ | 100時間の審議 »

2015年7月13日 (月)

新国立競技場

 先週、2020年の東京オリンピックでメインスタジアムとなる新国立競技場が、建設主体となる日本スポーツ振興センター(JSC)で了承されました。総工費は2520億円だそうです。それも当初の予定であった開閉式の屋根や客席の一部を取りやめたもので、オリンピック後の整備されるものを含めると3000億円を超えるそうです。2012年のデザインコンペ当時は、イラク人のザハ氏のデザインで1300億円とされていました。それが屋根などを除いても2520億円ですから驚きます。今年10月には着工し、2019年5月に完成の予定ですが、どうなりますことやら・・・。

 オリンピックでメインスタジアムとなった過去の例では、2008年の北京が500億円、2012年のロンドンが530億円です。当初の1300億円ですら、なんでこんなにお金をかけなければならないかと思ったのですが、3000億円にもなるというでは、「オリンピックなどやめちまえ!!」といいたくなりますね。ちなみにわが群馬県の今年度年間予算は7260億円、規模の小さな鳥取県では3336億円です。つまり鳥取県の年間予算を一つの建物に使ってしまうのです、しかも税金で。こんなことって、ありですか。

コバイケイソウ(2015年7月10日 谷川岳) 今年はコバイケイソウの当たり年のようです。山頂のトマノ耳とオキノ耳の間に咲いていました。バックはオキノ耳です。この場所は、遅くまで雪があるのですが、今年は雪解けが早いようです。

150710

« 群馬県知事選 | トップページ | 100時間の審議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新国立競技場:

« 群馬県知事選 | トップページ | 100時間の審議 »