« 地震と津波 | トップページ | 梅酒と梅シロップ »

2015年6月 8日 (月)

軍隊と自衛隊

 6月4日の衆院憲法調査会で、自民党を含めた各党推薦の参考人として出席した憲法学者3人が、今国会に提出されている安全保障関連法案を違憲と断じています。面白いですね。自民党は最初に推薦した人から断られたため別人を立てたのですが、これが裏目に出ました。しかし、最初に推薦しようとした、佐藤幸治京大名誉教授も、6日のシンポジウムで「日本国憲法の根幹にある立憲主義を脅かすような改憲」の動きを批判しています。どうも政府に分はなさそうですね。安倍総理は、3月20日に国会質疑の中で自衛隊を「わが軍」と発言しています。これに対し菅官房長官は「「自衛隊は我が国の防衛を主たる任務としている。このような組織を軍隊と呼ぶのであれば、自衛隊も軍隊の一つということだ」と述べています。また菅氏は「自衛隊は一般的に国際法上は軍隊に該当することになっている。自衛隊が軍隊かどうかというのは、軍隊の定義いかんによるものだ」ともとも述べています。

 軍隊と自衛隊の違いを第1次安倍政権は、平成18年12月1日に「自衛隊は、外国による侵略に対し、我が国を防衛する任務を有するものの、憲法上自衛のための必要最小限度を超える実力を保持し得ない等の制約を課せられており、通常の観念で考えられる軍隊とは異なるものと考えている。」と鈴木宗男衆院議員の質問に対し回答しています。さて、軍隊と自衛隊は違うと安倍第1次政権は答えていますが、それならなぜ現在の安倍総理は自衛隊を「わが軍」としたのでしょうか。平成18年の回答を見れば「自衛隊も軍隊の一つ」などという詭弁は通用しないでしょうよ。もう支離滅裂内閣ですなあ。

ズミ(2015年6月4日 上信国境・角間山) ほぼ1カ月ぶりに山に行ってきました。山はもう初夏の装いです。標高2000mほどではズミが満開で、カバレンゲも咲き始めていました。

150604_2


« 地震と津波 | トップページ | 梅酒と梅シロップ »

コメント

 昔のフォ-クソンググル-プ PPM がらみで、ここにたどり着きました1951年生まれの百姓です。拝見させていただき、色々な思いがよみがえり、また今やらなければいけないことの再確認ができました。有難うございます。
 先月、当地域の「憲法9条の会」の賛同者として名前を連ねました。こんな思いは、社会人になってからは一度もありませんでした。
 今後も、立ち寄らせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 

投稿: JUN | 2015年6月10日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/61713371

この記事へのトラックバック一覧です: 軍隊と自衛隊:

« 地震と津波 | トップページ | 梅酒と梅シロップ »