« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月29日 (月)

草津白根のコマクサと構造土

 6月25日に、久しぶりに草津白根山に登ってきました。登るといっても、ロープウェイを使って2000mまで一気に上がってしまいますので、横着な登山です。前に登ったのは2000年ですから15年ぶりになります。今は群馬県に住んでいて近くなのになぜ足が遠かったかといえば、前に登った時にコマクサが鼻についたからです。草津白根にはかつてはコマクサがあったのですが、薬草として乱獲されほぼ全滅しました。それをある人が嘆いて植えはじめ、今では地元の人たちの保護と植栽活動が盛んになっています。2000年に始めて登った時、ほかの山よりも色が濃く、花も多いコマクサがたくさん咲いていました。一目で天然ではないなと感じて調べたら、やはり植えられたものでした。今回登って、さらにコマクサがやたらと多くなっていました。礫質地の部分のほとんどに植えられているのです。

 草津白根にはコマクサに劣らないほど貴重なものがあります。それが構造土と呼ばれる、氷河周辺のような寒冷な気候による地表の凍結融解によって生ずる特殊な土壌です。このような現象は周氷河現象と呼ばれ、現在はハイマツ帯以上の高い標高の砂礫地に見られるものです。それが、草津白根山にもかなりの規模であるのです。ところが、コマクサはその構造土を壊して植えられているものがあります。下の写真は構造土の一つである線状構造土(条線土)と呼ばれるもので、コマクサが点々と植えられています。多くの部分で線状構造が壊されています。コマクサを大切にするのなら、このような貴重な自然現象も大切にしてもらいたいものです。

線状構造土(2015年6月25日 草津白根山) 草津白根には線状土のほかにも、多角形構造土があり、鏡池の亀甲土が見事です。関東では、登山道のわき(ロープが見えます)でこれほどのものが見られるのはここだけでしょう。

150625

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

LPレコードのデジタル化

 何年か前に、200枚ほどあるLPレコードをデジタル化しようと思い立ち、SONYのPS-LX300USBという、USB端子がありパソコンに接続できるプレーヤーを購入しました。何枚かデジタル化してCDに落としたのですが、付属ソフトの操作が面倒で分かりづらかったため止めてしまいました。その頃はまだ簡単にMDに落とせたこともあります。しかしMDレコーダーはもう発売されていません。今のMDプレーヤーが壊れたらそれで終わりです。それでしぶしぶ再開しました。CD→MDのように、倍速や4倍速録音なんてできません。レコードを掃除し、パソコンを接続してソフトを立ち上げ、レコードに針を落とすと同時に録音を始めます。おかげでゆっくりとレコードを聴いています。レコードの裏表を録音したら、1曲ずつ曲間の調整などの編集をします。大体LP1枚当たり編集に30分ほどかかりますね。

 先ずは邦楽から始めました。岡林信康や小椋佳、中島みゆきに加藤登紀子などお気に入りだけでも50枚ほどにはなるでしょう。レコードを聴いて録音し編集するのには、1日に1枚程度でしょうね。これをプリンタブルのCDに落とし、ジャケットを印刷すると結構かっこいいCDが出来上がります。ようやく9枚終わりました。まだまだ先が長いですね。洋盤が終わるのにはいつまでかかるのでしょうかね。

イブキジャコウソウ(2015年6月21日 自宅の庭で) 山では7月から咲くイブキジャコウソウも、下界ではもう満開です。山のものに比べると花の色がずっと淡くなっています。雨続きの合間に撮影しました。

P6203033

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

梅酒と梅シロップ

 毎年6月になると梅酒を作ります。去年作った梅酒を開封し、保存用のビンにできた酒をあけて梅を取り出し保存してから、新たに梅酒を作ります。今年は梅酒と梅シロップも作ってみました。梅は裏の八百屋から今年の青梅を2kg購入しました。梅酒はそのうちの半分の1kgに、我が家の梅20個ほどを加えた1180gに、氷砂糖500g、ホワイトリカー2.1Lを加えました。一年間密封保存します。昨年の出来立ての梅酒はまだ刺激があるような味わいですが、瓶に保存して後1年ほどたつとまろやかになるはずです。梅は、冷蔵庫に保存して時々取り出して食べます。さすがに35度のホワイトリカーに漬けた梅です、3個も食べると酔っ払ってきます。

 梅シロップは購入した残りの梅1kgを一晩冷凍し、それに氷砂糖1kgを加えて10日ほど置きます。すると、あ~ら不思議、梅からエキスがしみだして氷砂糖を溶かし、梅シロップができます。毎日容器ごとよく振って氷砂糖を溶かすようにしますが、10日たっても容器の底に氷砂糖がたまっています。それを鍋にあけ、梅を取り出して液体のみを沸騰しない程度に熱を加えます。あくが出ますのでそれを掬い取り、日を止めてから濾しながらビンに移します。4合ビン2本ちょっとできました。できたシロップは冷蔵庫に保存し、飲むときは10倍ほどに薄めて飲みます。このぐらい薄めると、梅ジュースというよりもレモンウォーターならぬ梅ウォーターで、暑い日には最高です。梅は梅ジャムにしました。

カバレンゲ(2015年6月10日 赤城山・覚満淵) 赤城の火口原はそれほど広くはないのですが、カルデラ湖の大沼や小沼があります。その間に覚満淵と呼ばれる湿地があり、いまカバレンゲが真っ盛りです。7月になるとニッコウキスゲが咲くこの湿地は、ミニ尾瀬と呼ばれてもいますが、尾瀬が気を悪くするでしょうね。

150610

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

軍隊と自衛隊

 6月4日の衆院憲法調査会で、自民党を含めた各党推薦の参考人として出席した憲法学者3人が、今国会に提出されている安全保障関連法案を違憲と断じています。面白いですね。自民党は最初に推薦した人から断られたため別人を立てたのですが、これが裏目に出ました。しかし、最初に推薦しようとした、佐藤幸治京大名誉教授も、6日のシンポジウムで「日本国憲法の根幹にある立憲主義を脅かすような改憲」の動きを批判しています。どうも政府に分はなさそうですね。安倍総理は、3月20日に国会質疑の中で自衛隊を「わが軍」と発言しています。これに対し菅官房長官は「「自衛隊は我が国の防衛を主たる任務としている。このような組織を軍隊と呼ぶのであれば、自衛隊も軍隊の一つということだ」と述べています。また菅氏は「自衛隊は一般的に国際法上は軍隊に該当することになっている。自衛隊が軍隊かどうかというのは、軍隊の定義いかんによるものだ」ともとも述べています。

 軍隊と自衛隊の違いを第1次安倍政権は、平成18年12月1日に「自衛隊は、外国による侵略に対し、我が国を防衛する任務を有するものの、憲法上自衛のための必要最小限度を超える実力を保持し得ない等の制約を課せられており、通常の観念で考えられる軍隊とは異なるものと考えている。」と鈴木宗男衆院議員の質問に対し回答しています。さて、軍隊と自衛隊は違うと安倍第1次政権は答えていますが、それならなぜ現在の安倍総理は自衛隊を「わが軍」としたのでしょうか。平成18年の回答を見れば「自衛隊も軍隊の一つ」などという詭弁は通用しないでしょうよ。もう支離滅裂内閣ですなあ。

ズミ(2015年6月4日 上信国境・角間山) ほぼ1カ月ぶりに山に行ってきました。山はもう初夏の装いです。標高2000mほどではズミが満開で、カバレンゲも咲き始めていました。

150604_2

| コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

地震と津波

 関東地方では、1週間の間に震度3を超える揺れの地震が3回も起こりました。こんなことは、大地震の後でもなければめったにあることではありません。最初の2回は陸域の震源だったのですが、3回目の30日は小笠原西方が震源の地震でした。速報値ではM(マグニチュード)8.5という大きさで、震源の深さは何と590kmというものでした。エネルギーは巨大だったのですが、あまりの深さのために海底地形への影響は少なく、津波は生じませんでした。ここは太平洋プレートがフィリピン海プレートに潜り込んでいます。だから地震がいつ起きても不思議はないのですが、こんなに深いものは初めてではないでしょうか。震源が590kmということは、潜り込む太平洋プレートが割れて生じた地震ということになります。

 東日本大震災はプレートの境界部が震源で、震源域は広大でしたが深さは20km程度でした。だから大津波が生じたのです。今回の地震のマグニチュードは最終的には8.1に、震源の深さは682kmに訂正されましたが、この深さでこの大きさは1900年以降で最大ということです。あまりに深くて津波が起こらなかっただけ幸いでした。ところで、今回と逆に、明治29年の三陸大津波は、陸の揺れは震度2から3だったのに、最大38mに達する津波が生じています。地震や津波のメカニズムもまだわからないことがいっぱいあるのでしょうね。

ヒメシャジン(2015年5月30日 自宅の庭で)地震が起きたのは午後ですが、午前はのんきに庭の花の写真を撮っていました。山では8月に咲くヒメシャジンンも、下界ではもう咲いています。

P5273017

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »