« 憲法改正 | トップページ | 母の入院 »

2015年5月11日 (月)

箱根は噴火するか

 箱根の警戒レベルが2に引き上げられ、大涌谷周辺への立ち入りが禁止され、大涌谷を横断するロープウェイも止まりました。火山性微動どころか震度2の地震すら起こっており、山体の膨張も観測されているようです。連日テレビで勢いよく噴気をあげる様子が映し出されています。私が小学生のころ、箱根は死火山といわれていました。子供心にあれだけ噴気をあげているのに死んでいるのかなあ、と思ったことを覚えています。しかし、同じように死火山とされていた御嶽山が1979年に噴火し、死火山の定義そのものが見直され、死火山・休火山という言葉はなくなりました。昨年も御嶽山は噴火し、多くの人が亡くなっています。箱根は有史以来本格的な噴火は観測されていないのですから、噴火するとすればどのようになるのかは予想できませんが、今のところ大規模なものとはならないとされているようです。それなら良いのですが・・・。

 報道を見聞きして気になったことひとつ。仙石原などの旅館へ供給されている温泉は、大涌谷の水蒸気に地下水を混入させて作っているものだとか・・・・。なーんだ、半分人工的な温泉なのだ。こんなものも温泉法では温泉と呼んでいいのでしょうかね。なんか釈然としません。ある旅館は、このような温泉?を月16t供給されているそうです。一日当たりにすれば500L程度です。こんな量ではとても源泉かけ流しというわけにはいかないでしょうから、循環して消毒しているのでしょうね。なんかごまかされたように気分です。

ヤマブキ(2015年5月4日 西上州・小沢岳) ヤマブキなぞどこにでもある花ですが、少々薄暗い沢沿いに咲いていると、鮮やかな山吹色が目に沁みます。

150504

« 憲法改正 | トップページ | 母の入院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根は噴火するか:

« 憲法改正 | トップページ | 母の入院 »