« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月25日 (月)

ぎっくり腰

 土曜日(23日)に、風呂の掃除でタイルをたわしがけしていたときに腰をひねったのでしょうね、ぎっくり腰になってしまいました。しばらくは立ち上がれませんでした。まあ軽いほうですが、何年振りでしょうか・・・。私は30代で最初のぎっくり腰を患ってから、数年に一度再発しています。この頃は予兆を感じるようになっており、あまり強烈なぎっくり腰にはならないようになっています。最初のぎっくり腰はボーリングのコア箱を持ち上げたときでした。その時は何とか歩けたほどでしたが、2度目は大変でした。旭川郊外の水路トンネルのボーリング調査を冬行うのに、あらかじめ出しておいたボーリング地点の雪を掘っているときでした。積雪1m程の雪を屈んで穴から雪をかい出そうとしたときに、強烈な痛みが走りました。このときは札幌の家まで這うようにして帰りました。

 1回目の時に医者にかかった時は足に錘を吊るされたりしたのですが、2度目の時には医者に言われました。「あなたの腰は治りません、一生友達と思って仲良く付き合いなさい」と。それ以来何回もぎっくり腰に見舞われましたが、医者には行かずに済ませています。まあ、痛いのは生きてる証のつもりでいれば、仲よくとはいきませんが何とか付き合っていられます。1990年にアフリカでぎっくり腰にかかった時には、首都の日本大使館までの報告に300km以上の道を車に揺られたのが、2回目以後で一番つらかったですね。母親が脳梗塞で入院し、息子はぎっくり腰で、親子そろって困ったもんです。

コンロンソウ(2015年5月4日 西上州・小沢岳) 母親のこともあり、しばらくは山に行けないかもしれませんね。コンロンソウは、沢沿いの登山道に点々と咲いていました。

150504

| コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

母の入院

 先週の火曜日(12日)に、母は通っているデイサービスで嘔吐し、体に力が入らないといって帰宅してきました。翌日もデイサービスに行ったのですが、午後になってデイサービスから連絡があり、かかりつけの医者に診てもらいました。その病院では詳細な検査ができないので国立の病院を紹介していただき、すぐに連れて行ったのですが、検査の結果脳梗塞と診断され、直ちに入院の手続きをとりました。金曜日に医者の話を聞くと、母はもう年(96歳)ですから回復する望みはないとのことです。したがってすぐにでもこれからどうするかを考えてくださいとのことでした。

 どうするかというのは①家に連れて帰る、②ここで点滴治療を継続する、③老人介護施設が付いた病院に移る、の三つがあるようです。結果的には③を選択しました。明日病院を移ります。しかし、そこも3カ月くらいしかいられないそうです。3カ月たったらどうするかはその時考えます。母は脳梗塞のおかげで左半身に力がなくなり、ろれつもまわらなくなっています。今まで気丈でわがままだった面影はありません。ぽつねんと車いすに座っている姿を見ていると、暗澹たる気持ちになります。

ミズナラ(2015年5月6日 西上州・山急山)山は緑がきれいな季節になりました。しばらくは山に行かれそうもありませんね。

150506

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

箱根は噴火するか

 箱根の警戒レベルが2に引き上げられ、大涌谷周辺への立ち入りが禁止され、大涌谷を横断するロープウェイも止まりました。火山性微動どころか震度2の地震すら起こっており、山体の膨張も観測されているようです。連日テレビで勢いよく噴気をあげる様子が映し出されています。私が小学生のころ、箱根は死火山といわれていました。子供心にあれだけ噴気をあげているのに死んでいるのかなあ、と思ったことを覚えています。しかし、同じように死火山とされていた御嶽山が1979年に噴火し、死火山の定義そのものが見直され、死火山・休火山という言葉はなくなりました。昨年も御嶽山は噴火し、多くの人が亡くなっています。箱根は有史以来本格的な噴火は観測されていないのですから、噴火するとすればどのようになるのかは予想できませんが、今のところ大規模なものとはならないとされているようです。それなら良いのですが・・・。

 報道を見聞きして気になったことひとつ。仙石原などの旅館へ供給されている温泉は、大涌谷の水蒸気に地下水を混入させて作っているものだとか・・・・。なーんだ、半分人工的な温泉なのだ。こんなものも温泉法では温泉と呼んでいいのでしょうかね。なんか釈然としません。ある旅館は、このような温泉?を月16t供給されているそうです。一日当たりにすれば500L程度です。こんな量ではとても源泉かけ流しというわけにはいかないでしょうから、循環して消毒しているのでしょうね。なんかごまかされたように気分です。

ヤマブキ(2015年5月4日 西上州・小沢岳) ヤマブキなぞどこにでもある花ですが、少々薄暗い沢沿いに咲いていると、鮮やかな山吹色が目に沁みます。

150504

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

憲法改正

 安倍総理はアメリカ議会での演説で、安全保障法制の整備を確約しています。おかしな話ですね。憲法を改正せずに、自衛隊を先鋭化するわけですから。憲法改正の発議には議会で2/3以上の賛成が必要です。これがそう簡単に出来そうもないから、憲法解釈の変更で対処しようとしています。憲法というものはそんなに簡単に解釈変更ができるものなのでしょうかね。憲法も軽く見られたものです。安倍総理は、現憲法は「占領下でGHQに押し付けられたもの」だから改正するといっています。しかし、徐々に明らかにされてきた現憲法の制定過程を見れば、決して押し付けられたものではありません。GHQも日本側の意見を大幅に取り入れて、案を示しています。その点は誤解されているようです。

 ましてこの憲法は、世界で初めて武力を持たず戦争を放棄したものです。それによって日本は68年もの長きにわたり平和国家として過ごしてこられたのです。GHQに押し付けられたから改正するなどという理由はもってのほかです。不都合があれば正々堂々と改正を議論すればよい。実は私も68年もたった憲法には現実に合わないところがあることを感じています。そういうところは変えればいいのです。何も押し付けられたからという理由ではなく正々堂々と・・・。ただ、68年たっても、良いものは良いのです。それを変えることは断固反対です。このような点からは、公明党の加憲という考え方が合理的だと思っています。

アカヤシオ(2015年4月28日 西上州・大津) 今年のアカヤシオは、はずれ年なのでしょうか。去年に比べると花数は1~2割程度です。去年の同時期の大津(1053m、変な名前の山です)は一面がピンクに染まっていましたが今年はピンクがほとんど見当たりません。

05

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »