« 子供の声が聞こえない社会は? | トップページ | 高浜原発の仮処分 »

2015年4月13日 (月)

地方選挙

 4月12日(日)は統一地方選挙の投票日でした。群馬でも県議選があり、18選挙区で58人の立候補者が定数50の椅子を争いました。18選挙区のうち7選挙区が無投票で、投票率は有権者数162万人に対し、投票者数59万人で無投票の7選挙区を除くと45.14%という低率でした。かくいう私も、実は投票日であることを全く忘れていて、夕食の時にニュースを聞いていて初めて気が付いた次第です。久しぶりに棄権してしまいました。私は特別の事情がない限り投票所には足を運ぶのですが、今回は全く失念していました。多少はボケてきたのでしょうね。

 もっとも投票日の12日はほぼ1週間ぶりに晴れて、庭仕事などが大忙しでした。暖かくなってきたので納屋の薪ストーブを片付け、煙突を外して煤まみれになりながら掃除し、居間の火鉢も片付けました。それが終わったら、伸び放題に伸びてきた雑草をとり始め、元気がないキンカンの木を条件の良いところへ移植しました。そんなこんなで投票を忘れてしまいました。言い訳しようもありませんね。しかしですよ、県議選などというのは何と存在感のない選挙でしょうかね。身近な市議選と、国家の将来を占う国政選挙の間に挟まって中途半端な感じがぬぐえません。言い訳にしかなりませんが・・・。

桜のじゅうたん(2015年4月10日 高崎市八幡八幡宮裏で) 近所の八幡様は桜の大木が数多くあります。どんちゃん騒ぎの花見をする人はいませんが、見事の桜です。その桜もようやく散りはじめ、風がなかったおかげで花びらのじゅうたんができました。

150410_2

« 子供の声が聞こえない社会は? | トップページ | 高浜原発の仮処分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方選挙:

« 子供の声が聞こえない社会は? | トップページ | 高浜原発の仮処分 »