« 八紘一宇 | トップページ | 子供の声が聞こえない社会は? »

2015年3月30日 (月)

自衛隊三佐

 チュニジアでのテロにより負傷した日本人の中に、陸上自衛隊の三等陸佐がいたことが報道されていました。最初は自衛隊とは関係なく、「テロが怖かった、朝日新聞の取材攻勢がショックだった」等と記された手記が話題となっていたのですが、これが自衛隊の三佐であり、無届の海外渡航であると報じられたころから、どうも雲行きが怪しくなってきました。この三佐は35歳の女性ではありますが、防衛医大卒の医官としてはエリートなのでしょうね。その三等陸佐が銃声に驚き、取材に怯えたのですから困ったものです。陸佐という自衛隊の幹部であれば、少なくとも日本を背負って立つくらいの気構えがほしいのですが、全くないようですね。あれば、テロに巻き込まれた人たちを励ましたり、マスコミに対処するなりしたでしょう。

 私は1989~90年に、アフリカのザイール(現コンゴ)に地下水開発のために滞在していたのですが、1989年秋に大規模な暴動が発生し、キャンプの近くでも銃撃戦がありました。その時、日本大使館に無線で連絡を取ったところ、書記官からは「大使館は何もできない、遺書を書いておいてください」というような返事がありました。がっかりするやらあきれるやらしたのですが、それが日本という国の実態なのです。それを正直に言ってくださった書記官には感心しましたよ。その時ほど自衛隊が頼りになれば・・・と思ったものです。このことは何度かこのブログにも書きました。しかし、自衛隊には海外の邦人を救うような法的な裏付けも実力もないのでしょうね。この三佐の様子を見て、「だめだこりゃ」と思ったのは私だけではないでしょう。

キクザキイチゲ(2015年3月21日 自宅の庭で) シュンランやキクザキイチゲが満開です。間もなくオキナグサも咲きそうです。通勤途中の板橋駅前のソメイヨシノが満開になっていました。我が家のほうは今週末頃でしょうかね。

150321_2


« 八紘一宇 | トップページ | 子供の声が聞こえない社会は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊三佐:

« 八紘一宇 | トップページ | 子供の声が聞こえない社会は? »