« キバナセツブンソウ | トップページ | 八紘一宇 »

2015年3月16日 (月)

群馬の評判

 3月14日に北陸新幹線が運行を開始し、テレビでは高崎駅での記念行事を放映していました。北陸からの観光客を呼び込もうとの考えのようです。でも、最も速い「かがやき」は高崎には停まりません。「はくたか」でさえ全列車が停車するわけではないのです。つまり、金沢や富山からの乗客のほとんどは、高崎を素通りします。おそらくは期待した客が高崎に降りることはないのではないでしょうか。それは上越新幹線にも云えます。新潟のお客さんが高崎に観光で訪れるなどということはほとんどないでしょう。それと同じことです。何といっても、全国的に見れば群馬県は魅力の無い県ということになっています。ブランド調査では毎年最下位を争うくらいですから。

 その上、今は群馬の評判がさらに落ちています。群馬大学医学部の41歳の医師が、腹腔鏡手術で8人の患者を死亡させた事件や、群馬県警渋川警察署の24歳の巡査が小学校4年生の女児を誘拐しようとした事件などが連日新聞紙上やテレビをにぎわせました。今もテレビの群馬版ではよく取り上げられています。見たくもない事件を連日見させられるわけですから、本当にうんざりします。ネット上では群馬大の医師はそれ以前にも開腹手術で10人の患者を死亡させたというような情報が氾濫しています。これはもう立派な連続殺人に近いですね。しかし、渋川警察署の警官は逮捕されましたが、医師は逮捕もされず、今のところ何の責任も問われていないとか・・・。これでは群馬のイメージがよくなるわけはないですよね。

フキノトウ(2015年3月6日 自宅の畑で) ようやくフキノトウが芽を出し始めました。十数個採ってフキミソと天ぷらでいただきました。このほかにカンゾウも芽を出し始め、これはおひたしでいただきました。春になりました。

150306

« キバナセツブンソウ | トップページ | 八紘一宇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬の評判:

« キバナセツブンソウ | トップページ | 八紘一宇 »