« 18歳の心の闇 | トップページ | 群馬の評判 »

2015年3月 9日 (月)

キバナセツブンソウ

 だいぶ前に園芸店でセツブンソウと書いてある鉢を購入しました。芽がかすかに出ている程度で、葉もつぼみもわかりません。セツブンソウであれば節分のころに白い花が咲きます。関東以西の山地で、石灰岩地を好む花です。関東では秩父の小鹿野町が自生地として有名です。てっきりこの花と思って、下仁田の山に登った帰りに、河原で石灰岩礫を拾い、家でこれを砕いて土に混ぜ、ロックガーデンの一部に自生地風に作り、買ってきたセツブンソウを植えました。造作しているロックガーデンは、緑色片岩主体の御荷鉾ゾーン、榛名の火山岩主体の榛名ゾーン、浅間の火山岩主体の浅間ゾーンに分けています。この御荷鉾ソーンに植えこみました。

 ところが、つぼみが膨らみ始めると色が黄色です。あれよあれよと思っていると6枚の花弁(実際はがく片)の花が先週咲きました。どうやらヨーロッパ原産のキバナセツブンソウのようです。詐欺だ~、といっても仕方ありませんね。我が家のロックガーデンは、わが国の野生種しか植えませんので、花が終わったら別の場所に植え替えましょう。

キバナセツブンソウ(2015年3月4日 庭で) 花弁のように見えるのはがく片で、花弁は退化してしまっています。これはこれでかわいい花だとは思うのですが、植える場所を間違えたのですね。ちなみに周りの岩が石灰岩です。

1503042

« 18歳の心の闇 | トップページ | 群馬の評判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キバナセツブンソウ:

« 18歳の心の闇 | トップページ | 群馬の評判 »