« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月27日 (火)

人質報道の差

 25日にイスラム国に捕われていた、自称民間軍事会社CEOの湯川氏が殺害されたというニュースが伝えられました。同じように捕えられているジャーナリストの後藤氏はまだ生存している可能性があるようです。TVや新聞の取り上げ方は面白いもので、湯川氏が殺害されたことよりも、後藤氏の救出のことのほうに重きを置いているようです。湯川氏がイスラム国の支配地域であるシリアに入った理由がだんだんと明らかになってきましたが、少なくとも称賛する人はいないようですね。後藤氏は、湯川氏を救出または情報確認のために同じ地域に入ったようですが、後藤氏は中東情勢にきわめて精通している人で、なぜそんなことをしたのか謎です。後藤氏に対しては、いろいろな方が彼の人となりを称賛しています。このことが報道に温度差が生じている理由でしょう。

 そんな危険な地域に、面白半分・興味本位で入ったりしたのは自己責任であるという人が多いでしょう。後藤氏自身も、シリア入国直前のコメントで「すべての責任は自分にある」と述べています。しかし、だからといって何もせずに殺害されるに任せるということは、国民を保護すべき国家としてはあってはならないことです。日本国政府は、ここ数日できるだけのことをやったと思います。少なくとも政府がほかの案件よりも優先してこの事態に取り組んだことは事実でしょう。イスラム国は身代金の代わりに、ヨルダンで50人以上を殺した女テロリストの釈放を要求しています。とてもヨルダン政府が飲むとは思えません。どんなに努力しても行き詰まることがあるのですね。

跡倉断層面(2015年1月20日 群馬県下仁田町) 下仁田は日本ジオパークの一つで、根なし山があることで知られています。20度ほどの低角度断層(衝上断層)で、下位の三波川変成岩の緑色片岩と上位の白亜紀の堆積岩(跡倉層)が接しています。根なし山の一つである大崩山(おおぐれやま)に登ったついでに断層を見学してきました。看板にはすべり面と書いてありましたが、正確には断層面ではないでしょうかね。

13


 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

寒い日が続きます

 このところ北風が強い日が続き、気温以上に寒さを感じます。実際に連日ほとんど最低気温が0℃を下回って、寒いのですが・・・。家に二つある池には氷が張っています。昨年作った大きなほうの池にも氷が張って、水を飲みに来た猫が困った顔をしていました。納屋の外の天水タンクから引いた納屋内にある蛇口も凍ってしまい、気温が上がらないと水が出ません。外の配管には保温材を巻いてあるのですが、蛇口が凍るのには打つ手がありませんね。ストーブで火を熾し、気温が上がって溶けるのを待つしかありません。

 納屋を作るときに材木を原価で売ってくださった方から、その方の庭の木を伐採したものを大量にいただきました、ここ1週間ほどは、その生木を切ったり割ったりして薪を作っていました。カインズホームから斧も買いました。山に行けば、帰りに倒木や枯れ木を拾って帰り、これも薪にしています。おかげで薪用に作った棚がいっぱいになってしまいました。もっとも生木の薪が使えるようになるのは来冬でしょう。さて、明日も山に行って薪を拾ってきますかね。爺さんは山に柴刈りに行きますよ。

穂高と槍ヶ岳(2015年1月7日 小沢岳から望む) 先回のブログで、小沢岳で出会ったカモシカを載せましたが、頂上からは北アルプスの穂高と槍が望めました。左が穂高、右端が槍ヶ岳です。

150107

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

テロリズム

 7日にフランス・パリで起こったテロは12人の犠牲者を出し、犯人3名は射殺されました。12日に行われた反テロのデモ行進には、300万人を超える人々が参加した伝えられます。テロにはいろいろな定義があり固定されてはいませんが、大まかには「政治目的をもった暴力行為」といえます。わが国の特定秘密保護法では「政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊するための活動」としています。アメリカなどでは、自国内の組織によるものは除外して外国由来のものにしています。そうしないと、アメリカそのものがテロ国家とされかねないからでしょう。

 政治目的を持てばテロは許されるのかどうかの問題はありますが、少なくとも不特定多数の人を対象とするものは許されないでしょう。アメリカは政治目的をもってテロの首謀者を暗殺しています。これも広義の意味ではテロに対するテロともいえます。テロであろうが戦争であろうが、不特定多数の人を傷つける行為は断罪されてしかるべきでしょう。これが私のテロに対する考え方です。

カモシカ(2015年1月7日 西上州・小沢岳) 小沢岳は群馬県西部の下仁田町と南牧村の境にある1089mの山です。延々と杉林の中を歩くのが難ですが、頂上だけは灌木に覆われ、浅間や八ヶ岳はおろか、穂高や槍ヶ岳を望むこともできます。その登山道の標高900m付近で見たカモシカです。5mほどに近づいても逃げず、私とにらめっこになりました。

150107

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。私は67回目の正月を迎えたことになります。私の父が亡くなった歳が56歳ですから、その年齢を10歳も上回って生きてしまいました。私は父が死んだ歳を超えたとき、大きな節目を超えたと感じました。それからは生きていく上で怖いものが無くなったのです。それまでも思う存分生きてはきたのですが、父が死んでからはその思いに拍車がかかったみたいです。そうでなければ前の会社を辞めて創業などしなかったかもしれません。そんな思いを抱きながらの正月です。

 この正月は、午前中は自分で建てた納屋の中で読書をして過ごしました。以前納屋の写真は載せたのですが、改めて載せます。左のストーブで暖まり、右のCDラジカセで音楽を聴きながら、ストーブで干しイモを温め、紅茶かコーヒーを飲みながらです。農機具や大工道具が収められた納屋なのですが、書斎にもなってしまいましたね。2枚目の写真は外観です。納屋の外に薪を置く棚も作りました。山へ行くついでに、倒木などを拾って帰り、薪にしています。近所の桃畑の切った枝や、廃材をもらってくることもあります。

150104_3

150104_4




| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »