« 納屋2 | トップページ | 納屋3 »

2014年11月 4日 (火)

政治資金は誰のもの

 9月に安倍改造内閣が発足してまだ日が浅いのに、多数の閣僚の政治資金疑惑がおおっぴらになってきました。わが群馬の小渕優子は父(小渕元総理)のジバン・カンバンとともにカバンも引き継いだわけですが、そのカバンに足を取られてしまったようです。父の背中を見ていたとはいえ、結局は「お嬢ちゃま」だったのでしょうか。観劇会の収支が全く合わず、法に抵触する羽目になりました。その責任を取って、元秘書だった小渕地元の町長が辞職し、町議会はすったもんだしています。本人は本当に何も知らなかったのでしょうね。かわいそうな気がしますが、何もわからないお嬢ちゃまに政治を任せた県民がアホだったのでしょう。小渕に比べれば、ふてぶてしかったのはウチワの元法相でしょう。憎々しい顔でしたね。

 しかし、小渕に代わって経産相についた宮沢にも火がついてしまいました。秘書が政治資金を使ってSMバーに行ったことが判明してしまったのです。マスコミに問われた宮沢は、「私は行っていません」と答えたとか・・・。聞いた記者もバカですねえ、「ハイ行きました」と答えるわけがないでしょう。もっと違う聞き方がなかったのでしょうかね。それにしても、SMバーの代金を収支報告書に記載するということが、私には理解できませんね。まあ、現在の政治家の資質とはこんなものでしょう。日本が滅びるのを待つばかりのようです。

納屋づくりの途中(2014年11月3日) 政治家がバカでも、日本が滅びても、納屋づくりに精を出している私です。10月の初めから作り始め、ようやく屋根をはり、板壁を半分ほど廻しました。11月中には完成したいものです。

141103

« 納屋2 | トップページ | 納屋3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治資金は誰のもの:

« 納屋2 | トップページ | 納屋3 »