« リチャード・アッテンボロー | トップページ | 未熟と自信 »

2014年9月 1日 (月)

朝日新聞の記事ねつ造

 この頃、朝日新聞の記事ねつ造が続けて2件取り上げられています。太平洋戦争時の従軍慰安婦問題に関しては、うその証言をまともに取り上げ、韓国・済州島から組織的・強制的に連行されたとした記事や、福島第一原発事故の際、所員の9割が吉田所長の命令に背いて勝手に避難したという記事が誤りであったことが判明しました。慰慰安婦に関しては1991年に取り上げた記事の訂正を今年になって行ったものですが、お詫びなどはないようです。福島原発に関しては、吉田所長の証言が全面的に公表されたおかげで、事実は朝日の記事と異なるようです。吉田所長は連絡が取れない中で、第二原発への避難はやむを得ないとしていました。朝日新聞は、この件に関しては開き直っているようです。どうも、朝日新聞には「裏を取る」という意識が薄いようです。

 朝日新聞の記事ねつ造で思い出すのはサンゴ礁事件です。1989年4月20日の夕刊に、沖縄・八重山群島のサンゴの傷ついた写真を載せ、「誰が傷つけた、恥を知れ」のような記事を書いています。ところがこの傷は、記者自身がつけたものであることが判明しました。判明した時の朝日新聞のお詫びは、「薄くついていた傷を、写真写りをよくするためにこすった」ことへの謝罪でした。ところが、実際はこの薄い傷そのものもなくて、すべて記者がつけたものであることが改めて暴かれてしまったのです。まあ、ねつ造は他の新聞マスコミにもあることはあるのですが、朝日新聞の悪質さは頭一つ上をいっているような気がします。ちなみに、私は昔から朝日新聞は嫌いでしたが・・・。

ママコナ(2014年8月19日 榛名山) 飯子菜と書くように、花弁にある二つの白い模様を飯粒に見立てています。県によっては絶滅していたり、絶滅危惧種に指定されています。しかし、榛名山にはいっぱいあります。

140819

« リチャード・アッテンボロー | トップページ | 未熟と自信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞の記事ねつ造:

« リチャード・アッテンボロー | トップページ | 未熟と自信 »