« 農地の購入(2) | トップページ | 肉体労働者 »

2014年7月 9日 (水)

ゴジラとジュラ紀

 昨日(7月8日)BSプレミアムで、記念すべき「ゴジラ」の第1作を放映していました。製作されたのが1954年(昭和29年)で、残念ながら私はまだ6歳でしかなく、この映画は見ていませんでした。そのあとのゴジラ映画は何本か見ているのですが、この映画は初めて見ました。水爆実験で生息域を追い出されたゴジラが日本を襲うという映画で、宝田明・河内桃子・志村喬・平田昭彦たちが出演していました。若いですねえ。特撮はかの円谷英二で、特撮の神様と称せられた人です。現在のSFXとは比べようもないのですが、ミニチュアを大量に使い臨場感あふれるシーンを撮っています。これから何本もゴジラ映画が放映されるようで、楽しみです。

 ところで、この映画の中でゴジラのような恐竜が生息していた年代を、古生物学者の山根博士(志村喬)が200万年前のジュラ紀と説明していました。実際は、ジュラ紀はおよそ2億年~1.5億年前なので、大幅に違っています。なぜこんな間違いをしたのでしょうかね。製作が1954年と古いにしても、すでにジュラ紀の年代はおおむね判明していたはずです。たとえばウェーゲナーの大陸移動説を記した「大陸と海洋の起源」は1929年に第四版が出版されていますが、この中で200万年前は、新第三紀鮮新世としています。脚本家か原作者が間違っていたのでしょうね。

ミヤマダイコンソウ(2014年6月25日 秋田駒ヶ岳) 秋田駒ヶ岳はいくつかのピークからなりますが、この中で男岳は高山植物がとくに豊富な峰です。田沢湖をバックに撮って見ました。

140625_2

« 農地の購入(2) | トップページ | 肉体労働者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラとジュラ紀:

« 農地の購入(2) | トップページ | 肉体労働者 »