« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月28日 (月)

北朝鮮のミサイル発射

 今月26日に北朝鮮がスカッドとみられる弾道ミサイルを発射したという記事が、新聞に載っていました。1面ではなく、2面の片隅です。日本政府は、お定まりの抗議を北朝鮮にしたということです。ミサイルは500kmを飛び、日本海に落下しましたが、船舶・飛行機への被害はないと発表されました。もっともあったら大変でしょう。発射にはキムジョウンウンが立ち会ったとか・・・。もちろんNHKニュースでも流されてはいましたが、だんだんその扱いは小さくなっているような気がします。これこそがキムジョンウンの狙いなのではないでしょうか。喉元過ぎれば熱さを忘れます。拉致者の調査と引き換えに、制裁の一部を解除し、核やミサイルの騒ぎを鎮めていくようにも窺えますね。私の考えすぎでしょうかね。

 ここのところ連日35℃前後の猛暑が続き、畑仕事にもうんざりしていたことから、あまりニュースも見ず、新聞も深く読んでいませんでした。引退後は世の中の動きに関心がなくなってることも確かです。それでも完全には世の中に背中を向けられず、新聞を読みながらブツブツいうのでから、困ったものです。いまBS-TBSで18:00から中村敦夫の「木枯し紋次郎」を再放送していて、それを録画し夕食後に見ています。決め台詞の「あっしにはかかわりのねえこって・・・」と云って過ごせればいいのでしょうが、紋次郎でさえなかなかそうはいかないようですから、私のような凡人は完全な世捨て人にはなれないのでしょうかね・・・。

ニッコウキスゲ(2014年7月24日 谷川岳・天神平) 谷川岳にはニッコウキスゲが結構咲いてはいるのですが、トマの耳やオキの耳への普通の登山道には数は多くありません。最も多いのは天神平のスキーゲレンデに咲くものでしょう。

140724

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

肉体労働者

 家の裏の土地を購入して、庭を造り始めました。最初にカーポートを作る(これは外注)つもりでしたが、今年の冬の大雪の影響が長引いて、着工には2~3か月かかるそうです。カーポートを作ったら、そこに納屋などの建築資材を置いて加工などの作業もするつもりでしたが、予定が狂ってしまいました。当初予定した順番を変えて、地均しや排水路の整備を始めています。すべて自分一人で行うため、かなりの重労働です。購入した土地は埋め立て地のため、少々掘るとガラや玉石が出ます。池やロックガーデンに玉石は必要ですから、ありがたいといえばありがたいのですが、直径1mほどのものがごろごろ出てくると、掘り出すのも運ぶのも大ごとです。もう30個近く掘り出しました。完全な肉体労働者です。

 地均しした土で、木を植えたりするところを盛ります。ロックガーデンは池を掘った土で盛ろうかと思っています。地均しと並行して、排水路の整備を行っています。排水口近くはU字溝とし、奥は板壁の土側溝とします。しかし、このところの暑さで、いささかバテ気味になってきました。庭作りが忙しくてここ2週間は山にも行きませんでした。明日天気が良ければ息抜きに軽く山に行ってみましょうかね。

ダイヤモンド岩手(2014年6月26日 秋田駒ヶ岳から) 6月26日の早朝、ご来光を拝もうと山小屋の外に出たら、岩手山の頂上から朝日が昇りました。雲海に囲まれ、朝日が雪渓を照らし、神々しいばかりでした。

140626

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

ゴジラとジュラ紀

 昨日(7月8日)BSプレミアムで、記念すべき「ゴジラ」の第1作を放映していました。製作されたのが1954年(昭和29年)で、残念ながら私はまだ6歳でしかなく、この映画は見ていませんでした。そのあとのゴジラ映画は何本か見ているのですが、この映画は初めて見ました。水爆実験で生息域を追い出されたゴジラが日本を襲うという映画で、宝田明・河内桃子・志村喬・平田昭彦たちが出演していました。若いですねえ。特撮はかの円谷英二で、特撮の神様と称せられた人です。現在のSFXとは比べようもないのですが、ミニチュアを大量に使い臨場感あふれるシーンを撮っています。これから何本もゴジラ映画が放映されるようで、楽しみです。

 ところで、この映画の中でゴジラのような恐竜が生息していた年代を、古生物学者の山根博士(志村喬)が200万年前のジュラ紀と説明していました。実際は、ジュラ紀はおよそ2億年~1.5億年前なので、大幅に違っています。なぜこんな間違いをしたのでしょうかね。製作が1954年と古いにしても、すでにジュラ紀の年代はおおむね判明していたはずです。たとえばウェーゲナーの大陸移動説を記した「大陸と海洋の起源」は1929年に第四版が出版されていますが、この中で200万年前は、新第三紀鮮新世としています。脚本家か原作者が間違っていたのでしょうね。

ミヤマダイコンソウ(2014年6月25日 秋田駒ヶ岳) 秋田駒ヶ岳はいくつかのピークからなりますが、この中で男岳は高山植物がとくに豊富な峰です。田沢湖をバックに撮って見ました。

140625_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »