« 農地の購入 | トップページ | 農地の購入(2) »

2014年6月23日 (月)

ヤジ

 6月18日の都議会で、みんなの党の女性議員に対し、情けないヤジが浴びせられたことがマスコミをにぎわせています。ヤジはヤジですから、もともと品位などはないのでしょうが、ユーモアもなく正鵠も射ていないヤジを飛ばす議員は、それだけで議員の値打ちを下げ、男をさげ、はては討論の場という議会そのものを貶めたことになるでしょう。女性議員は1回目のヤジでは苦笑しているようにも見えましたが、2回3回とヤジが重なるうちに表情が硬くなっていくのがわかります。女性議員の質問は女性への支援体制でしたが、それに対するヤジは女性蔑視どころか議員議会蔑視のようなものでした。

 国会であれと議会であれ、議員は自分の発言には最大の責任を負うものです。あらゆる職業のうち、議員ほど発言の責任が重いものはないでしょう。それがヤジであっても、責任を負うべきです。どうやら自民党議員のようですが、発言者の特定はできていません。複数いるようです。議員としての矜持があるのならば、ヤジを飛ばした議員は名乗り出るべきでしょう。頬かむりをするなんて、大人のすることではないでしょうよ。こんな議員に、子供の教育や社会の変革などを言ってもらいたくはありませんね。それにしても、その時都知事はどんな顔をしていたのでしょうかね、もと厚生労働大臣さん・・・。

ダケカンバ(2014年6月14日 四阿山) 四阿山はこの頃お気に入りの山で、昨年は2回登りました。今年も2~3回は登るでしょう。お気に入りのコースは鳥居峠からのもので、登山口が標高1600mほどにあり、頂上までの標高差は750mほどあるのですが、登りやすくて変化に富んでいるため、退屈も疲れもせず、比較的楽に登れます。写真のダケカンバは、標高1900mほどのところで、大きく立派なものでした。

14061477

« 農地の購入 | トップページ | 農地の購入(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤジ:

« 農地の購入 | トップページ | 農地の購入(2) »