« 暑いです | トップページ | 農地の購入 »

2014年6月10日 (火)

自衛権と憲法

 自衛権は簡単に云うと「殴られそうになったら殴り返そうとする」権利でしょう。殴り方に大小はあるでしょうが・・・・。いわば正当防衛の権利と同じと思います。日本国憲法では第2章第9条の戦争放棄のところに、「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と書いてあります。この条文で自衛権を認めているとの解釈がされていますが、素直に読めば自衛であろうがなかろうが武力の行使は認めないとするのが正しいのではないでしょうか。それでは国を侵略されたときに何もできないことになりますから、時の政府は1972年に「憲法は自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛の措置を取ることを禁じてはいない」としました。これで憲法制定以来の自衛に関する解釈変更は2回目だそうです。

 3回目の解釈変更を安倍首相はしようとしています。安倍首相は、憲法改正を掲げて選挙に勝ったのだから、国民の支持は得られているとも考えているようです。しかし、世論調査の結果ではとても支持されているとは云えませんね。わずか1年や2年の議論で、法律の根幹である憲法は改正するべきではないでしょう。まして、改正できないからといって、解釈変更で済ませようなど、安倍首相の頭はどうなっているのでしょうか。憲法が制定された時代と今は状況が違いますが、この平和憲法の素晴らしさは世界が認めているのでしょう。それでも時代に合わないと思うのなら、解釈変更などの姑息な手段ではなく、正々堂々と憲法を改正すればいいのです。それが法治国家というものでしょう。

ハクサンイチゲ(2014年6月3日 浅間山) ようやく高い山々にも花が咲くようになってきました。ハクサンイチゲはその中でも早いほうですが、今年は雪が多かったせいか、少し遅れているようです。

140603


« 暑いです | トップページ | 農地の購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛権と憲法:

« 暑いです | トップページ | 農地の購入 »