« 日本国憲法 | トップページ | 暑いです »

2014年5月26日 (月)

蟹江敬三さん

 別に面識があるわけではありませんが、好きな俳優でした。3月30日に胃がんで亡くなりました。69歳でした。私にとって蟹江さんは、鬼平犯科帳の小房の粂八です。中村吉右衛門版の鬼平犯科帳は1989年に放映が開始されましたが、蟹江さんの小房の粂八は第4話「血頭の丹兵衛」から出演して、スペシャル版も含め今まで30年以上も演じ続けてきました。その間には、佐嶋忠介役の高橋悦史、相模の彦十役の江戸屋猫八と長門裕之、沢田小平次役の真田健一郎などが亡くなっています。原作の小説では第1話の「唖の十蔵」から出ているのですが、テレビでは原作どうりというわけにはいかず、第4話になったわけです。原作と違う登場の仕方(コソ泥という設定)ですから、後々の筋と少し違和感がありました。原作では、凶盗の手下で十蔵に捕縛されます。

 ところで、BSでは局を越えて古いドラマを多く放映しています。今年の5月からは、なんと中村敦夫の「木枯し紋次郎」が再放送されています。これは本来フジTVで製作されていたものですが、再放送はBS-TBSです。この第7話「六地蔵の影を斬る」の冒頭で、あっさりと紋次郎に斬られる役で出ていました。1972年に放送されたものですから、蟹江さん27歳ころでしょう。若くてもあの顔は変わりませんね。懐かしく見ました。近頃の蟹江さんと云えば「あまちゃん」だそうですが、私にとって小房の粂八以外にありません。

アズマシャクナゲ(2014年5月24日 赤城・鈴ヶ岳) 赤城の山々は、純粋な高山植物が育つには少々低いわけですが、今の時期はツツジやシャクナゲに彩られます。もう少したつとレンゲツツジやシロヤシオが満開になるでしょう。

140524

« 日本国憲法 | トップページ | 暑いです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟹江敬三さん:

« 日本国憲法 | トップページ | 暑いです »