« 山の団体さん | トップページ | 山の遭難 »

2014年5月 7日 (水)

山菜の季節

 山々は花盛りになり、山菜の季節になりました。フキノトウやタラノメは野原や低山でも採れますが、山に登るついでに頂いてくる山菜では、モミジガサ(シドケ)・ヤブレガサ・ウワバミソウ(ミズ)・オオバギボウシ(ウルイ)などがメインになります。なかでもモミジガサが好きで、もう2回ほど採ってきて、ありがたくおひたしでいただきました。葉が少し開いて、茎の太さが鉛筆程度であれば、ちょうど食べごろです。若くて太い幹は赤紫色をしています。鍋に水を入れ、塩を少々入れて軽くゆがいただけです。花かつおを振りかけて食べれば、山の香りが口に広がりますね。ヤブレガサは少し苦みがあって、より山菜ぽいです。

 それらは高さ1000m程度の山の中腹や麓にあります。モミジガサは沢沿いなどの日陰の湿った場所に生えていますが、ヤブレガサは乾燥した斜面が好きなようです。もう少し高くなると、ギョウジャニンニクやニッコウキスゲがありますが、さすがにニッコウキスゲは採る気になれません。群馬に移り住んで丸6年がたちました。もうどの山に何があるか大体分かるようになりました。春から初夏にかけての山菜と秋のキノコの生え場所は、私にとって貴重な山の畑になっています。

モミジガサ(2014年5月6日 西上州・山急山) 面白い名前の山です。高さは992mでしかないのですが、五輪岩という絶壁があり、昨年は転落事故も起こっています。この山の登山口付近は、杉林の中は見渡す限りモミジガサがあります。

140506

« 山の団体さん | トップページ | 山の遭難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山菜の季節:

« 山の団体さん | トップページ | 山の遭難 »