« スマホ依存症 | トップページ | 山菜の季節 »

2014年4月29日 (火)

山の団体さん

 ここ2週間、土曜日に登った山は20名ほどの団体さんに遭遇しました。いずれも○○旅行社とか△△ツーリストのハイキングツアーでしょう。4月も下旬になると、西毛(群馬県西部)の山々は花の山になります。とくにツツジは見事なもので、ミツバツツジに始まり、アカヤシオ・トウゴクミツバツツジ・シロヤシオ・レンゲツツジと続きます。ガイドブックにでも載ろうものなら、休日ともなると大勢の人たちが押し寄せる山になります。4月19日は、高崎市吉井の牛伏山に登りました。標高わずか491mの山で、表側は頂上近くまで自動車道路が通じていて、桜の名所となっています。私が登る裏側は、バスなどの観光客とは無縁の静かな登山道のはずでした。頂上近くには見事なミツバツツジがあります。途中で休んでいると団体さんが登ってきて、私は大勢の人に取り囲まれてしまいました。早々に休憩を切り上げ、団体さんとは別のコースを登ることにしました。

 4月26日は、南牧村の四ッ又山(899m)です。アカヤシオで有名な鹿岳の隣りにあり、こちらにも見事なアカヤシオがあります。頂上の片隅で昼食をとっていると団体さんが来ました。数えると24名です。入れ代わり立ち代わり狭い頂上で記念写真を撮っています。四ッ又山は、その名が示す通り四つの岩峰で、頂上は数名がせいぜいの狭い頂です。山を大人数で登るときは、10人以下の小グループに分け、間隔を置いて登るのが常識でしょう。しかし、そんなことをしたらツアー会社は採算が取れないのでしょうね。まあ、隠居のくせに休日に登る私が悪いのでしょう。ブツブツブツ・・・。

アカヤシオ(2014年4月28日 南牧村・大津) 連休の狭間の平日とはいえ、これもアカヤシオで有名な三ッ岩岳の登山口は、マイクロバスや県外の乗用車で20台ほどの駐車場は満車状態でした。マイナー中のマイナーな山である大津(1053m)は三ッ岩岳の隣りにもかかわらず、誰にも会わないという静かな花旅をすることができました。

140428_2

« スマホ依存症 | トップページ | 山菜の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の団体さん:

« スマホ依存症 | トップページ | 山菜の季節 »