« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

JR山手線の事故

 今日(3月31日)の午前7時14分に、JR山手線原宿駅で人身事故があり、山手線・埼京線が1時間ほど止まりました。飛び込みのようです。今日は月曜日のため、週1日勤務の私も出社しましたが、大宮駅で引っかかりました。いつもは新幹線で大宮に出て、埼京線に乗り換えて板橋駅まで行きます。新幹線を降りたところで、埼京線運行停止のアナウンスです。とりあえず宇都宮線で赤羽まで行くことにしました。と、ここまでは順調でしたが、やはり赤羽でもまだ山手・埼京線は止まったままです。運行再開は8時20分頃とのアナウンスなので待つことにしました。20分ほど待ったところで運行再開のアナウンスがありましたが、駅構内は長蛇の列です。ホームが大混雑のため、規制しているとのこと・・・。9時30分まで待っても列が解消することはありませんでした。

 赤羽駅埼京線ホームは、駅の中間付近にエスカレーターがあります。このエスカレーターは朝のラッシュ時は下り線用で動いています。ふと、思い立ってこのエスカレーターのところに行ってみると、エスカレーターが止まっています。そこでこのエスカレーターを歩いて埼京線ホームに上がってみました。なんと、ホームはガラガラです。駅員が上りエスカレータのところで入場制限していますが、ホームはすいており、来た電車もいつものラッシュ時よりもすいているくらいでした。どうなってるのでしょうかね。下のコンコースでは、ホーム大混雑のため制限しておりますとアナウンスしていたのですが、あれはウソでした。多分、マニュアル通りの制限なのでしょうが、実際にホームを確認しながらの臨機応変の措置がとれないものでしょうかね、JRさん。

ミズバショウ(2014年3月29日 赤城山麓)赤城山麓にある嶺公園には湿性花園と称してミズバショウやリュウキンカが植えられています。尾瀬などよりも2か月近く早く花を咲かせます。それほど人も多くなく、ゆっくりと見ることができます。

140329

| コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

8億円

 みんなの党の渡辺代表が、2010年の参院選前に3億円、12年の衆院選前に5億円の合計8億円を借金していたといいます。選挙前に借りたのですから、選挙資金なのでしょうが、政治資金規正法による届け出も、資産の報告もしていないといいます。さて、本人は「個人的に借りた」などと、前都知事と同じことを言っています。前都知事は5000万円でしたが、この人は8億円ですよ、8億円・・・。渡辺代表は使途を「会議費、交際費、旅費」と言っていますが、すごいですね8億円も使うのですか。これに比べれば猪瀬さんはかわいいものでしたね。

 8億円ポンと貸した人もすごいですが、8億円借りて個人的なものという人もすごいですね。貸した人との仲たがいが原因で、こんな恥ずかしいことをさらけ出されてしまいました。親父の美智雄さんは自民党の重鎮で、それ相応の存在感がある人でしたが、不肖の息子はマスコミで軽いノリでえへらえへらしている印象でした。親父さんは草葉の陰で泣いているでしょうよ。しかし、8億円ですよ、個人的なお金としてもどうやって使うのでしょうかね。1年に2億円ずつ使うわけですから、普通では使い切れないでしょうに・・・。

カタクリ(2014年3月25日 榛名・水沢山) なぜか、山頂手前に一株だけありました。自生していたものか、誰かが植えたものか、定かではありません。それでも、群馬は春になってきました。あちこちで、フクジュソウに始まってカタクリやミズバショウの便りが聞こえてきます。140325

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

赤城大沼のワカサギ

 福島原発の事故以来、高い放射能強度を保っていた赤城山大沼のワカサギが、基準値(100ベクレル/kg)を下回ったとして、群馬県は3月14日に出荷自粛を解除しました。これにより、釣ったワカサギを持ち帰ることができるようになりました。ところが、これに水産庁がクレームを付けました。水産庁は水産物の出荷制限解除を50ベクレル/kgとしているとのことです。福島原発の影響から、厚生労働省は平成24年4月に一般食品の基準を100ベクレル/kgに強化(以前は500ベクレル)しました。大沼のワカサギは、国の出荷制限のガイドラインである2ヵ月間のセシウムの値が基準を下回ったとして解除を決めたものです。厚生労働省は100ベクレル、水産庁は50ベクレルと云うのです。しかし、水産庁の50ベクレルは明文化されたものではありません。ホームページなどでは「50ベクレルを超えたものについてはモニタリングする」とありますが、出荷はダメとはどこにも書いてありません。

 こういうのをダブルスタンダートというのでしょうかね。ダブルスタンダードは本来はあっちは良いが、こっちはダメというものですが、この件は同じものに対して国の違う機関が異なる基準を示しているのです。しかも、水産庁はそれを明文化していません。水産庁はなぜダメかの説明に「平均で50ベクレルを超えているのだから、ほかに100ベクレルを超えるワカサギがいないとはいえない」と云っています。それなら、水産庁は厚生労働省の基準を変えるように働きかけるのが先でしょう。どうにもこうにも役人のすることは・・・・、腹が立つ。

フキノトウ(2014年3月24日 家の畑で)裏のフキ畑にようやくフキノトウが芽を出し始めました。去年よりもだいぶ遅い芽吹きです。同時に、スイセン・シュンラン・ツバキなども咲き始めています。フキノトウはさっそく摘んで、フキ味噌を作りました。

140323

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

クリミア

 ウクライナで前大統領が事実上追放され、反ロシアの政権が誕生したことを受けて、ロシアはウクライナの領土であるクリミアの併合に乗り出しました。欧米の諸国や日本は、武力を背景にしたロシアへの編入は認められないとしています。クリミア半島は18世紀にトルコからロシアに併合されたもので、それを1954年にウクライナの一部と認めました。まあ、ロシアとしては60年ぶりに取り戻した心境でしょう。クリミアの多くはロシア系住民で、住民投票では圧倒的多数がロシア編入を歓迎しているということです。プーチンにすれば、住民の意見を入れてロシアに編入するののどこが悪いということでしょうね。しかし、編入の前にロシア軍はクリミアに侵入しており(ロシアは正式には認めていませんが)、武力を背景にしたことは間違いないでしょう。

 国連安保理で住民投票の正当性を審議したとき、中国は棄権したそうです。そりゃあそうでしょう、住民の意思で国家のやることが変わるなら、中国はとうに一党独裁を脱しているでしょうよ。民主国家では住民の意思を無視できないことは確かですが、それをロシアに言われたくないですね。たとえ住民投票の結果が正しくとも、ロシアが住民の意思を盾にクリミアを乗っ取ったということに変わりはないでしょう。この問題が大ごとにならなければいいのですが・・・。

梅(2014年3月18日)自宅の梅がようやく咲きました。先月の大雪で枝をへし折られ、つぼみの半分以上を失っても、春を忘れずに咲いてくれました。自宅の居間の前に、5年前に梅見をするために植えたものですが、窓越しにけなげな姿を見せてくれています。

140318

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

STAP細胞論文撤回か

 世紀の発見といわれて、かっぽう着姿のうら若き女性科学者がマスコミを大賑わいさせたのは、つい昨日のことのような気がします。イギリスの科学論文誌ネイチャーに載った論文に数多くの疑問点が指摘され、とうとう論文撤回ということになりそうな気配です。TVに映し出された論文の写真と、過去の関係ない論文の写真は、間違いようもなく一致しています。そのほかにも、論文の盗作のような部分もあるようです。女性が属する理化学研究所もどうやら論文の信用性に疑問を呈することになったようです。いずれにしても大変残念なことです。山中さんのiPS細胞への冒涜にもなりかねません。
 なんでこんなお粗末なことが起こったのでしょうか。高校までの科学教育の貧困、科学する者の心の貧しさ、インターネット普及によるコピーの安易さなどなど、私が考えつくだけでもたくさんあります。もうだいぶ前から言われていることですが、私が専門としていた地質関連領域では、フィールドに出ずに既存の資料をかき集め、それで卒論を仕上げていく学生が多いことが学会などで出会う先生方の話題に上がっていました。かの女性リーダーもそんな論文の書き方をしていたのでしょうか。

ザゼンソウ(2014年3月12日 赤城山麓にて) 赤城山のふもとの標高450m程の沼の窪というところには、ザゼンソウが生えています。杉林の中であることは少々興ざめなのですが、関東でこれほど低いところにみられるのは珍しいでしょう。

140312

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

こんにちは8.1

 自宅のパソコンをWindows 8.1マシンに変更したことは先回書きました。何とか動くようにはなったのですが、困ったことがいくつかあります。まず、メールソフトのOutlook2013のアドレス帳に、以前のExpressのデータを移すことができません。今まで取りためた写真を整理してある蔵衛門2006が、インストールは何とかできるのですが、新しい本棚を作ることや名前の変更ができません。写真閲覧ソフトのSusieが動きません。家具やスピーカーボックスの設計に用いていたG.Crew(ドローソフト)はインストールすら受け付けません。まあ、私のXpマシンは9年も使い続けてきたものですから、新しいOSでは動かないものが出てくるのはやむを得ないものがあるでしょう。しかし、データだけは何とか新しいマシンに載せ替えたいと思うのは私だけではないでしょう。

 Outlookはまだ解決していません。蔵衛門はXpマシンで本棚をバックアップし、そのデータを8.1マシンの蔵衛門に読み込ませることができました。Susieは作者のホームページ「Susieの部屋」の実験室からVersion0.50をダウンロードすることで解決です。これはベータ版だそうですが、今のところ何とか動いています。G.Crewはとうに発売を終了しており、インストールできなければ仕方ありません。G.Crewのデータをwmfに変換して、新しいソフトを購入し読み込ませることにしました。購入したのはソースネクストのDrawgraphic2のダウンロード版(1980円)です。wmfファイルは無事読み込めました。これから使い勝手を確かめなければなりません。まだしばらく悪戦苦闘が続くことでしょう。なお、日経パソコンでは「Windows 8.1 実用テクニック」を4回にわたって連載していました。この記事はありがたかったですね。

スノードロップ(2014年3月6日 自宅の庭で) さすがの大雪も、我が家の庭ではほとんど消えました。まだ、家の裏にはうず高く残ってはいるのですが、日当たりのよいところではほとんどなくなりました。雪が消えたところでは、フクジュソウやスノードロップが咲き始めました。

140306

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

さようならXP

 パソコンのOSであるWindows XPは、この4月でサービスが打ち切られます。このままXPを使い続けると、セキュリティで問題が発生するおそれがあり、マイクロソフトはWindows 8.1への移行を求めています。私のパソコンは2005年5月に購入したもので、OSはもちろんXPであり、もう9年間も使い続けたことになります。少々インターネットへの接続が遅いことを除けば、WordやExecelでは問題がなく、他のソフトでも不自由は全くありません。XPを何とか使い続けることができないのかと思っていましたが・・・。今のパソコンにWindows8.1を入れるのはCPUの能力的には無理です。当然ながら、Windows8.1を組み込んだパソコンを購入することになります。

 と、いうことで、最新のノートパソコンを購入しました。電源を入れ、Windows8.1を認証し、XPと全く異なる画面に戸惑いながら、最初にインターネットの接続設定をしました。メールの設定もして何とか使えるようになりましたが、プリンタのドライバをインストールする段になって、使えないことがわかりました。以前にも書いたことがあるのですが、私のプリンタはCANON ip3100と云って、パソコン同様古いものです。ネットに接続できるようになったことから、CANONのホームページに接続してみました。あるものですねえ、8.1用のドライバや付属ソフトがダウンロードできました。ありがたいことです。今はまだデータの移行などでXPマシンも動かしますが、しばらくするとXPにサヨナラするのですね。長い間お世話になりました。

ノウサギの足跡(2014年2月6日 榛名・音羽山)ウサギの足跡は特徴があってすぐにわかります。晴れた日は、ウサギもエサを求めて雪の上をさまようのでしょうね。

140206

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »