« またまた大雪 | トップページ | さようならXP »

2014年2月24日 (月)

大雪後遺症

 過去に記録もされていない大雪のため、群馬県は今なお後遺症が続いています。前橋気象台の発表では、23日現在の積雪量は7cmでしたが、我が家の庭にはまだ20cmを超える雪があります。日当たりのよい裏の畑では所々で地面が見え始めましたが、日当たりの悪い前の道は、向こう側の石垣に沿って、雪がうずたかくあります。昨日は、道に凍りついた厚さ3cmほどの氷をツルハシで砕き取り除きました。前の道はようやく車が一台通れるほどの広さしかありません。家から車を出すのも入れるのも、何回か切り返さないければならないほどです。この雪が完全に消えるのは4月になるでしょう。

 県内では、孤立しているところはほとんどなくなりましたが、いまだ輸送は万全ではありません。先週の水曜日は、近くのスーパー(ベイシア)には、納豆・豆腐・肉・牛乳などが全くありませんでしたが、土曜日にはほぼ満たされています。ホームセンター(カイズホーム)に寄ってみると、長靴がほとんどありませんでした。野菜も値が上がっています。今まで3本百円のネギが、1本140円にもなっています。群馬県だけで農産物の被害は100億円を軽く超えるようですから、これからもっと値段が上がることでしょう。誰かさんは雪を「天からの贈り物」と言っていましたが、これだけになると贈り物も辞退しますね。

屋根の雪庇(2014年2月17日) 我が家の南側の屋根からは、雪が滑ってきて写真のような庇ができました。この後すぐこの雪庇は落下し、大切の梅の木をへし折りました。右側の石垣の下の雪は1週間たってもこのままです。

140217

« またまた大雪 | トップページ | さようならXP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雪後遺症:

« またまた大雪 | トップページ | さようならXP »