« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月28日 (木)

許容被ばく線量

 2年半前の東日本大震災による原発事故以来、放射能のことがマスコミをにぎわし、国民にまで関心を呼び起こしました。やれベクレルだとかミリシーベルトだとか、私にはさっぱり理解できない言葉が独り歩きしていました。私が社長現役の頃、確か事故半年後くらいですか、飯館村でのボーリング調査を打診してきたところがありました。話を聞くまでもなく断りました。大体、放射線量が不明で、作業員の安全対策は何なのか、宿泊はどこにすれば良いのか、食事はどうなるのか、通勤は可能なのか、何一つ分からなかったからです。そんなところに社員を送り込めますか。

 国民の許容被ばく線量は年間1ミリシーベルトだそうです。福島原発事故以後の、住民帰還の条件としての被ばく線量は、①空間線量として年間20ミリシーベルト以下、②帰還後の被ばく線量は年間1ミリシーベルト以下、③帰還後の線量は空間線量ではなく個人線量とする、となっています(原子力規制委員会)。さあ、ここでもう分からなくなりました。空間線量と個人線量とどこが違うのですか。除染の対象を空間線量で毎時0.23マイクロシーベルトにしていますが、これを年間に直すと、2ミリシーベルトです。全然分かりませんね。こんなわけがわからぬ放射能を相手にするのですから、誰かきちんと説明してくださいよ。帰還しようとする住民もさっぱり分からないでしょう。

紅葉(2013年11月19日 群馬県南牧村)紅葉の写真は、普通透過光で撮ることが多いのですが、順光で撮ってみました。透過光の場合は多少葉が汚くてもきれいに撮れるのですが、順光だと、陰影がはっきりして葉の紅葉の良し悪しがはっきり出ます。

131119

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

新西ノ島新島

 数日前、東京の南1000kmにある西ノ島の近くで噴火が確認され、新しい島ができました。現在南北400m、東西200mの島に成長しているようです。テレビニュースの映像では、数秒に1回の割合で噴火を繰り返しています。噴火は数年にわたって続く可能性があり、その場合どのくらい大きな島になるのでしょう。西ノ島そのものが海底からは4000mの高さがあるとてつもない大きさの火山ですから、今回の噴火は頂上付近の別の火口からの噴火なのでしょう。それでも、新しい島ができる過程がリアルタイムで報道されるという感激を味わっているのは私だけでしょうかね。

 西ノ島付近では1973年に同じような海底噴火があり、新しい島ができて西ノ島新島と命名されました。現在は西ノ島と繋がっているようです。このときもテレビや新聞は大騒ぎをしたものです。戦後では自然増による初めての領土の増加となりました。今回もそうなりますか、どうですか。官房長官は領土増よりも領海増を喜んでいるようです。たった500mほどですが・・・。いずれにしろ、しばらくこのニュースから眼が離せませんね。

浅間山(2013年11月19日 西上州・毛無岩から)西ノ島と同じ活火山ですが、高さは2500mほどです。それだけでも西ノ島火山の大きさが想像できます。毛無岩は標高は1290mですが、西上州では随一の展望を誇る山で、四周は絶壁です。360度の大展望で、この日は南に秩父の金峰山五丈岩がよく見えました。

131119

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

特定秘密保護法

 現在国会では特定秘密保護法案の審議がされています。提出したのは政府・自民党ですが、前政権の民主党も同様の法案を以前は提案しようとしていました。民主党は、どういう理由か現法案に反対しようとしています。維新・みんなは修正協議には応じています。あとの党は皆反対です。特定秘密保護法案は全26条からなり、特定秘密として別表で①防衛(10項目)、②外交(5項目)、③特定有害活動(4項目)、④テロ(4項目)を挙げています。ほぼすべての新聞等のマスコミは反対の論調で、連日キャンペーンを張っています。たしかに法案を読んでみても、あいまいとしていて、何が秘密なのか、何が罪にあたるのか、何年たったら公開されるのかよくわからないところがあります。公開に関しては、第4条で有効期限 5年としていますが、延長が可能です。30年たったら原則として秘密は解除されるのですが、内閣の承認を得ればさらに延長が可能となります。アメリカの場合は特別な場合でも最長75年で、それを超える場合は特別な委員会の承認が必要となります。

 自民党政府は、1985年にも国家機密法案を提出しましたが、反対が強く廃案となりました。この時の秘密は、防衛・外交のみでしたので、今回の法案はそれよりも厳しくなっていることがわかります。現在は国家公務員法や自衛隊法に秘密保護の項目がありますが、それにより罰せられたのはわずか数件とも云われています。現在の法律の手直しではいけないのでしょうかねえ。こんなに反対の声が多くても、作らなければならない法律でしょうかねえ。

紅黄葉(2011年11月2日 上信国境・愛宕山)今年の西毛から上信国境にかけては、紅葉する前に葉が落ちてしまうことが多く、きれいな紅葉にはあまりお目にかかれません。東北や北海道では紅葉がきれいだということですが、わが群馬はどうしたのでしょうかね。

131102

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

渡良瀬川の水質

 先週、馬鹿な国会議員に関して、足尾鉱毒事件のことを書いたのですが、今日(11月13日)の毎日新聞群馬県版に非常に興味深い記事が載っていました。9月の台風18号が接近したとき、増水した渡良瀬川の水質が大幅に悪化したということです。渡良瀬川は日本百名山のひとつ「皇海山(すかいさん)」などがある足尾山地に源を発し、桐生・足利などを経て旧谷中村(足尾鉱毒事件の中心地)下流で利根川に合流します。渡良瀬川は桐生で山間部から関東平野に出ますが、その少し上流に草木ダムがあります。台風が群馬県を直撃したのは9月16日で、このブログでも9月17日に「台風18号」と題して、我が家の畑の被害について書いたことがあります。16日は大雨が降り、渡良瀬川は大幅に増水したそうです。

 群馬県は、この渡良瀬川の水質を1時間ごとに調べました。草木ダム上流では流量がピークに達した16日14時の水質は、鉛0.096mg/L、砒素0.094mg/Lでした。どちらも公共用水域の環境基準は0.01mg/Lですから、その10倍近い濃度であったわけです。ただしこの環境基準の適用は年間平均値に対してですから、一時的に基準値を超えても環境基準に不適合ということにはなりません。しかし、これだけ超えるといささか気になります。草木ダムの下流では基準値は超過しなかったようですから、みんな草木ダムに溜まっているのでしょうかね。

浅間山初冠雪(2013年11月12日 安中・山急山から)ここのところの寒気で、群馬県では11日に浅間山、12日に赤城山が初冠雪となりました。我が家も初霜です。山急山は高さ992mでしかありませんが、西上州特有の岩山で、隣の五輪岩では転落死亡事故も起きています。頂上からは初冠雪の浅間山がよく見えました。

131112

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

こんな馬鹿でも国会議員

  あきれて名前を口にするのもばかばかしいのですが、山本太郎という俳優崩れの参院議員が10月31日に赤坂御苑で行われた秋の園遊会で、天皇陛下に手紙を渡したといいます。本人は田中正造を気取ったのかもしれません。中身は、原発事故被災地の子供たちの健康状態や作業員の作業環境などだそうです。正義感を勘違いしてやったことでしょう。この国会議員の知能レベルはこんなものなのでしょうが、それを国会議員として選んだ国民はいい恥をかきましたね。もっとも、その行為を批判した自民党の文部科学大臣が、「田中正造に匹敵する」と批判したといいます。失礼な、田中正造と一緒にするなといいたいですね。

 田中正造が明治天皇に足尾鉱毒事件について直訴したのは有名なことです。足尾鉱毒事件は、私たち汚染を扱う業界の人間にとって原点とも云えるものです。足尾銅山から渡良瀬川に流れ込んだ廃液が、流域を汚染したものです。細かいことは省きますが、田中正造は衆議院議員になった明治23年(これが第1回の選挙です)の翌年、24年に足尾鉱毒事件を国会で取り上げています。以来10年余り、国会で糾弾し続けましたが、結局埒が明かず、明治34年に議員を辞職した後、明治天皇に直訴したものです。10年も国会で訴え続けるという努力を、山本太郎はしようともしなかったでしょう。この単細胞のミドリムシなみの国会議員や、田中正造を知りもしないで批判した下村文部科学大臣などは速やかに退場してもらいたいですね。

熊の爪あと?(2013年10月29日 上信国境・荒船山) 松の幹があたかも熊の爪でえぐられたようになっていました。しかしこの木だけで、他の木は異常ありません。この山の入り口には「熊に注意」の看板もあります。しかし、私には人為的なものに思えるのですが、いかがでしょうか・・・。

131029_2 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

楽天イーグルスおめでとう

 何年か振りでプロ野球をテレビ観戦しました。日本シリーズ第6戦はほぼ初めから、最終戦は8回から見ました。以前はよくナイターなどをテレビ観戦したのですが、どうも私が見ると、応援するチームが負けるということが多く、見ることがなくなりました。はるか昔、私は中日の小松投手のファンでして、小さな体で素晴らしい直球を投げ込む小松投手を応援したものです。小松投手が好きで、その結果中日ファンとなりました。そのころはまだ星野がいたはずです。今度の第6戦は田中が先発でした。今シーズン24勝0敗の田中も、私がテレビを見たせいで、4点を取られ負けてしまいました。どうも5,6回あたりから、コントロールがいまいちになっているのがわかりました。ボール球のスプリットを見逃されることが多くなっていたのです。結局今シーズン初めての負け投手となりました。

 最終戦は、最初から見ませんでした。ニュースなどで初回から楽天が点を入れ、有利にゲームを進めているのは知っていましたが、どうも見る気になれませんでした。たまたま時間つぶしに八重の桜を見た後で、チャンネルを回したら、田中が登板しました。もし勝ちゲームなら、星野は田中を登板させるだろうということはゲーム前から予想していました。意気の人(田中)と情の人(星野)ですから・・・。三者凡退、あるいは三者三三振というわけにはいきませんでしたが、それでも最後は渾身の投球で三振に取りました。星野監督が言っています、田中には感謝のみと・・・。星野・田中、そのほかのメンバーも日本プロ野球のお荷物球団と言われてきたのですから、うれしさらひとしおでしょう。拠点の仙台や宮城、東北全体の喜びもひとしおと思います。巨人大嫌いのへそ曲がりの私としても、その夜は興奮しましたね。本当におめでとう。

リンドウ(2013年10月14日 高崎市倉渕・雨坊主山)もうこの時期は山には花がほとんどなくなります。よく見るのはリンドウとトリカブトくらいですね。

131014

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »