« キノコ採り(2) | トップページ | 台風26号 »

2013年10月15日 (火)

オリンパス E-M1

 10月11日に発売されましたオリンパスのミラーレス一眼レフカメラE-M1が、その日に届きました。早速12日と14日に山に持って行き、使用感を確認しました。同じOM-DシリーズのE-M5のときは、あまりにもチャチな作りにあきれたのですが、E-M1はオリンパスのフラグシップというだけあって、チャチさはなくなりました。E-M5よりもボディが一回り大きくなり、その分ボタンが大きくなって、十字ボタンなどずいぶん押しやすくなりました。またセルフタイマーは独立ボタンで設定できるのも、山で良く使うのでありがたいです。EシリーズのE-5が小型化したような感じで、ホールディングも良好です。

 と、良い点を述べてきたのですが、最もひどいのはシャッター音です。安いコンパクトデジカメのような音で、E-M5もひどかったのですが、それよりもひどいです。また、フォーサーズレンズをアダプターを介して使用できるのですが、やはり心なしかAFが遅い気がします。ピントが合いづらいことも多くなりました。今回は2回とも天気が良い山でしたので、肝心の防滴性能は確かめられませんでした。来年の5月まで、山で荒れた天気の中、無理に花を撮ることもないので、防滴性能の確認は来年までお預けです。ただ、2回使った限りでは今メインで使っている光学ファインダー一眼レフのE-5の代わりは務まりそうもありませんね。だいたい、スイッチを入れなければファインダーを覗けないのは、やはり少々ストレスです。オリンパスさん、軽くて小さいE-5の後継機をぜひ作ってください。お願いします。

紅葉と八ヶ岳遠望(2013年10月12日 御荷鉾山塊・白髪岩) E-M1で撮ったものです。精細さは群を抜いています。色もいいですね。画像に関しては今のところ文句ありませんが・・・。

131012

« キノコ採り(2) | トップページ | 台風26号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス E-M1:

« キノコ採り(2) | トップページ | 台風26号 »