« 東京オリンピック | トップページ | 台風18号 »

2013年9月11日 (水)

オリンパスの一眼レフ

 10日に、オリンパスから新型ミラーレス一眼のE-M1が発表されました。OM-Dだけではなく、E-5などのEシリーズを含めた、オリンパスの一眼レフの最高峰との位置づけです。ミラーレス一眼は光学式ファインダーを省いて軽量小型化したものです。Eシリーズは光学式ファインダーを備えていて、現在のE-5は防塵防滴性能とズイコーレンズのすばらしさにより、私がメインとして使用し続けています。勿論オリンパスのミラーレスも、penとOM-D E-M5も持っているのですが、山へ持っていくのはほぼE-5です。とくに雨や霧が予想されるときはE-5しか使いません。それほどE-5の防滴性能を信頼しているのです。Eシリーズが始まったE-10(このときはレンズ交換ができなかった)以来、E-1、E-3と進化して、現在のE-5に至っています。そのEシリーズは開発を止めるということです。残念です。

 7月にE-5とE-M5を秋田の森吉山に持っていき、かなりの荒天の中で使いました。E-5は異常なかったのですが、E-M5は水漏れで修理に出しました。E-M5もE-5並の防敵性能を謳っていたのですが、残念ながらE-5並ではなかったのです。今度発表されたのはOM-Dとされていますので、E-5の後継機ではなくE-M5の上位機と云うことでしょう。修理のときのオリンパスへの問い合わせに、フォーサーズ゙レンズをフル活用できるボディは今年中に発売されると云う返事が来ていたのですが、それがE-M1だったのですね。さて、どうしましょうか、予約するかどうか大いに迷います。年金生活者となった身には、14万円のボディーはこたえますね。

エゾリンドウ(2013年9月10日 上信国境・破風岳)この日も山はガスでした。勿論カメラはE-5(レンズ:ズイコーズーム14~54mm)です。かすんだシラビソなどをバックにエゾリンドウが映えます。E-M1がE-5ほどの信頼性があればいいのですが・・・。

130910

« 東京オリンピック | トップページ | 台風18号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンパスの一眼レフ:

« 東京オリンピック | トップページ | 台風18号 »