« 海水温上昇と海面上昇 | トップページ | 東京オリンピック »

2013年9月 4日 (水)

竜巻と豪雨

 2日の午後、埼玉から栃木にかけて竜巻が発生し、幅100~200m、長さ19kmにわたって家屋などに甚大な被害をもたらしました。シカゴ大学の藤田博士が考案した竜巻などの突風の規模を表すF-Scale(フジタスケール)ではF2に相当するそうです。Fスケールは6段階(0~5)あり、上から4番目で、下からは3番目です。Fスケールはアメリカの竜巻などに合わせていますので、日本には合わないところもあるのでしょうが、それにしてもF5の竜巻はどんなものなのでしょうか?そういえば「ツイスター」という映画がありましたっけ。竜巻を追いかけ、観測する人の話で、その映画でもFスケールのことが出ていました。映画ではF5(つまり最大級)の竜巻が発生します。映画そのものはあまり面白くなかったのですが、その映画で初めてフジタスケールのことを知りました。F5の風速は117~142m/秒だそうです。F2はその1/2くらいの風速です。

 少し前の14時頃まで、高崎は短期間ながら豪雨でした。今は晴れ間が見えています。岐阜県では、現在も時間100mmをこえるような雨が降っているようです。雨雲の画像を見ると、赤いところがあります。地震・津波・火山爆発・豪雨・豪雪・竜巻などが多発すれば、これを天変地異と云うのでしょう。天変地異には周期があるのでしょうか。江戸時代にも一時期こんなことが多発した時代がありましたっけ。誰か教えてくれるとありがたいですね。それにしても、地球が怒っているのでしょうか。まもなく人類が100億人を超え、地球が環境をそれほど損なわずに養える限度を超えてしまっているとしか思えません。天変地異は地球の営みを正常化するための過程なのでしょうかね。

カラスウリ(2013年8月29日 家の庭で) 今年も、カラスウリが豪華な花を見せてくれています。日が落ちると開き始め、20時頃には写真のようになります。この花が見たさに、どこかからカラスウリの種を拾ってきて植えたものが、今は見事な花を咲かせます。

130829


« 海水温上昇と海面上昇 | トップページ | 東京オリンピック »

コメント

暫くブログを拝見していませんでした。そうですかご隠居?されたのですか。淋しい気持ちもありますが、ブログは続けられるとのこと、楽しみにしております。
山歩きや畑仕事、羨ましいなぁ。料理も加えて下さい。
ひとりBBQや燻製作り、楽しいですよ。

投稿: 近所の人 | 2013年9月 6日 (金) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/58127293

この記事へのトラックバック一覧です: 竜巻と豪雨:

« 海水温上昇と海面上昇 | トップページ | 東京オリンピック »