« 台風18号 | トップページ | 地球温暖化 »

2013年9月24日 (火)

シリアのこと

 シリアのアサド大統領が中国メディアとのインタビューで、化学兵器の大量保有を認めているシーンがTVに流れていました。大統領が言っているのだから、間違いないでしょう。ここはイラクのフセイン大統領との違いです。化学兵器を内戦で使っていることを認めたわけではありませんが、使ったという状況証拠はいくらでもあるようです。化学兵器を使ったということを口実にして、シリア攻撃を米英などが企てていましたが、イギリス議会の反対でつぶれました。イギリス議会が反対したのはアメリカ独立戦争以来だそうです。アメリカのオバマ大統領も、議会の反対に抗しきれず、ロシアの国連査察という提案を受け入れました。世界の警察を任じていたアメリカの落日です。

 シリア攻撃の中止は、いわゆる平和主義者にとっては喜ばしいことでしょう。しかし、今でもシリア国内では毎日何百人という虐殺が行われているのです。何千人も国外へと避難する人がいるのです。この現実に目をふさいで、ただ単に平和主義者ぶっていていいのだろうかとも思います。シリア国内では、アサド大統領と戦っていた反体制の自由シリア軍に加えて、アルカイダ系のイスラム過激派が勢力を伸ばし、今では主導権を握っているとか・・・。シリア国民の多くは、世界に失望しているのではないでしょうか。個人的には何ができるというわけではないのですが、国外で暴動や国の崩壊を経験した身では、気になるところです。

ツルリンドウの実(2013年9月18日 上信国境・三壁山)三壁山は群馬県・野反湖の西にあります。野反湖は夏はレンゲツツジ・ニッコウキスゲが、初秋にはマツムシソウやエゾリンドウが咲き乱れるところです。ロックフィルの堰止湖で、周囲はぐるっと2000m程の山に取り囲まれ、高山植物も豊富です。ツルリンドウの実は美味しそうなのですが、食べられるかどうかはわかりません。たぶん駄目でしょうね。

130918

« 台風18号 | トップページ | 地球温暖化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリアのこと:

« 台風18号 | トップページ | 地球温暖化 »