« シリアのこと | トップページ | 猫害 »

2013年9月30日 (月)

地球温暖化

 国連のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が、9月27日に報告書を発表しました。それによると、このままだと21世紀末に気温は2.6~4.8℃、海水面は26~82cm上昇するということです。しかも原因は人為的である可能性が極めて高い(95%以上)ということで、IPCC議長は「前代未聞の気候変動」という言葉を使っています。報告書では、1880年から2012年に気温は0.8℃上昇し、温室効果ガスの累積排出量と地上の気温上昇はほぼ比例するとも言っています。温暖化の影響で、耕作地の喪失・海水温の上昇による海洋変化・山岳氷河の消失によるヒマラヤ・キリマンジェロなどのふもとの干ばつや洪水・台風の頻発などがすでに表れているようです。

 8月30日のブログで、ナショナルジオグラフィックの記事を引用し、21世紀末の海面上昇を1~2mと書いています。これはアメリカ海洋大気庁の最大予測でしたが、国連の予測も当らずとも遠からずです。ナショナルジオグラフィックの10月号では氷河の融解を取り上げ、2003~2009年で、グリーンランドの氷床は2580億t減少したということです。南極は760億t、アラスカは500億tとなっています。世界全体では5460億t(水換算でおよそ546km3)となります。これだけの氷(水)が海に流れ、あるいは蒸発したのでしょう。ちなみに地球上の河川水の総量は1700km3(理科年表)と云われています。失われた氷床の莫大さがわかります。

ハナイグチ(2013年9月28日 上信国境・鼻曲山)のんびりキノコ採りしている時代ではないのでしょうが、やはり時期になるとムズムズしてきます。今年は当たり年で、ハナイグチが大量に採れました。

130928

« シリアのこと | トップページ | 猫害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化:

« シリアのこと | トップページ | 猫害 »