« オリンパスの一眼レフ | トップページ | シリアのこと »

2013年9月17日 (火)

台風18号

 昨日(9月16日)台風18号が、我が家の上空近くを通過しました。目こそはっきりとは見えなかったのですが、通過時刻は風がほとんどやみました。18号は、それほど大きいわけではなく、上陸時の気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は30m程度でした。それが、上陸後もあまり衰えず、自身が広大な範囲の雨雲を伴うとともに、前線を刺激して関西から北海道に至る範囲に記録的な豪雨をもたらしました。京都・滋賀・福井の各県には初めての特別警報が出されたくらいです。この特別警報は、今までの警報の上位に位置づけられるもので、50年確率の災害に出されるそうです。「今まで経験したことがない雨」のような表現ですね。でも、大雨警報も時間数十mmを超えるものに出されるのでしょう。高崎市は80mm、東京都中央区は70mmです。それでも十分脅威ですが、特別警報が出されたら、どうすればいいのでしょうかね。「命を守る行動をとってください」ということのようですが、いかにもあいまいな表現でしょう。

 我が家では15日の夜から雨が強くなり、断続的に16日の昼まで降り続きました。我が家は、南側が丘のため南風はあまり強く吹きません。今回も風よりも雨でした。上越新幹線は強風のため本庄早稲田・高崎間で一時止まりましたが、我が家のあたりは風の被害はありませんでした。ただし雨はひどく、裏の畑が水浸しになりました。午後になって雨が小降りになったのを見計らい、畑に排水の溝を掘り、近くの側溝に排水しました。畑は借地ですが、いずれ購入したいと思っています。そうしたら恒久的な排水設備が必要になるでしょうね。それもまた、これからの楽しみです。

トウヒの樹形(2013年9月10日 上信国境・破風岳山頂) 破風岳は標高1999mです。一年中風が強いため、トウヒの枝がすべて風下側に伸びています。登山口の毛無峠は、この風を利用して模型飛行機を飛ばす人たちのメッカになっています。

130910

« オリンパスの一眼レフ | トップページ | シリアのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風18号:

« オリンパスの一眼レフ | トップページ | シリアのこと »