« イチローと藤圭子 | トップページ | 竜巻と豪雨 »

2013年8月30日 (金)

海水温上昇と海面上昇

 8月28日の気象庁発表によると、日本近海の海面の水温が異常なほど上昇しているそうです。とくに日本海は2.6℃の上昇です。本州東側の太平洋は1℃以下の上昇なのですが、東シナ海も2℃ほど上昇しています。気象庁は気温の上昇と日射量の増加などが原因としていますが、さらにその原因となると、地球温暖化へと往きつくのでしょうか。北の海ではサンマが獲れず、マグロが増えているということです。台風15号が日本に近づいていて、気象庁は台風で海面がかき回されれば海水温が低下する可能性があると言っているようですが、そんな簡単なものでしょうかね。

 今月のナショナルジオグラフィック(9月号)は、「沈む地球」を特集しています。過去百年で、地球の気温は0.5℃上昇し、海面は20cm上昇したといいます。西暦2100年には1~2m上昇という予想です。海面上昇の原因の1/3は海水温上昇による熱膨張だそうです。知りませんでした。残る2/3は氷床の融解です。面白いのは、海面上昇も均一ではなく、北は逆に低下するところもあるようです。それでも、グリーンランドの氷床が全部融けたら、平均海面は8m上昇します。南極の氷床は融けづらいということですが、地球に氷がすべてなくなったら66m高くなるそうです。それまでには数千年かかるということですが、今の状況が続けばいずれそうなるのです。モルディブ国民40万人が、「日本沈没」と同じ目にあうのは近いことでしょう。いまでも1年に海面は3mm上昇しているのですから・・・。

シラビソ(2013年8月28日 四阿山頂で) シラビソはコメツガやトウヒと同じように亜高山帯の針葉樹林帯を形成しています。現在では、針葉樹林やダケカンバなどの分布が高度を上げているという記録もあるようです。四阿山は日本百名山のひとつで、標高は2354mです。頂上付近は高山帯に位置づけられていますが、写真を見るとおり、頂上直下まで針葉樹林帯が上昇しています。

130828


« イチローと藤圭子 | トップページ | 竜巻と豪雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508313/58092360

この記事へのトラックバック一覧です: 海水温上昇と海面上昇:

« イチローと藤圭子 | トップページ | 竜巻と豪雨 »